ウェディングブーケ

アジサイの育て方.net

ウェディングブーケ

目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


Wedding bouquet (1)

ウェディングブーケ C)Kamo Garden

 

 

ウェディングブーケというアジサイは、
加茂花菖蒲園が交配して作ったオリジナル品種です。

 

一見するとガクアジサイの普通のタイプに見えますが、
オーソドックスなアジサイと比べると、少し雰囲気が異なるのに気づきます。
ウェディングブーケという品種は、

他のガクアジサイとはどのように違うのでしょうか。

 

 

[ウェディングブーケ]

 

 

■ウェディングブーケの特徴

 

ウェディングブーケの花は、中央に両性花が固まって咲き、
その周りに装飾花が咲くというガク咲きの典型です。

 

ところが、花の作りが独特なため、
一般的なガクアジサイと比べると、雰囲気が違うように見えます。

 

装飾花は八重咲きで、花びらの数も多めなのでボリュームがあります。
一番外側の花弁は丸みが強く出ますが、
内側にいくに従いほっそりしたシルエットになり、ごてごてとした印象はありません。

 

装飾花の形はとても整っているので、見るほどにその美しさに惹かれます。
両性花は一般的なアジサイに比べると、
花びらが大きく、しかも形や大きさが不揃いになります。

 

この不揃いで個性的な両性花によって、
ウェディングブーケは他とは違った雰囲気を出しているのです。

 

ウェディングブーケの大きさや形がまちまちな両性花の花びらは、
ぴらぴらと出たり引っ込んだりして見えるため、
両性花の部分も盛り上がっているように見えます。

 

上から見ても横から見ても花房の形が整っていて、
ボリュームのある装飾花と、独特の両性花の塊とが合わさり、とても見栄えがします。

 

花数が多い、花が大きい、花弁数が多くてゴージャスに見えるのとは違い、
すっきりとしたシルエットに見える部分や控えめな数の装飾花、
派手になりすぎない花型などで上品に見えます。

 

花色はピンク~ブルーまでで、どの色合いが出たとしても濃く出ることはなく、
淡い色合いで咲いてくれるのも爽やかで好感が持てます。

 

ウェディングブーケの枝の太さは標準ですが、花つきがとても良いので、
多数の花がついた時には重さで少し倒れることがあります。

 

ウェディングブーケの葉は標準的な形と色をしています。
だからこそ美しい花が際立たせることができます。

 

 

Wedding bouquet (2)

淡い色に上品な姿が人気です

 

 

■ウェディングブーケの育て方のポイント

 

一般的なアジサイの育て方と同じです。
花の色は土の酸性度によって変わります。

 

アルカリ性に傾ければピンクに、酸性に傾ければブルーになります。
酸度が中途半端な場合は、薄い青紫や藤色など、紫っぽい色になります。
どの色が出ても、淡く繊細なのでとてもキレイです。

 

ウェディングブーケの株は大きくなるのが遅いので、
コンパクトに育てやすい特徴があります。

 

地植えにしたいけれどあまりスペースがない場合や、
鉢植えにして育てたい方にぴったりです。

 

コンパクトに育っていても、何年も育てて株が充実してくると、
花の数がどんどん増えていくのも魅力的です。

 

乾燥には弱いので、水はけと水もちの良い土で育てます。
また、日当たりが良い場所でも育ちます。

 

乾燥を防止するために株元にマルチを敷いたり、
株元に直射日光が当たりにくくなるように、周りに低い植物を植えると良いです。

 

ウェディングブーケは、半日陰の場所や、木の陰になるような場所でも育ちます。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事