コメット

アジサイの育て方.net

コメット

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


comet

コメット C)engei.net

 

 

コメットは西洋アジサイの仲間ですが、
大きめに育つことの多い西洋アジサイの中ではコンパクトに育つ品種です。

 

コメットという名前もかわいらしいですが、コンパクトに育つので、
見た目のかわいらしさからも人気があります。

 

コメットという西洋アジサイには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

[コメット]

 

 

■コメットの特徴

 

花は西洋アジサイらしいテマリ咲きタイプです。
装飾花が集まって咲きますが、花房自体があまり大きくないので、
ぎゅうぎゅうに詰まっていず、ブーケのようなふんわり感があります。

 

装飾花は花弁が4枚~5枚の一重咲きで、
花びらの先端が少しとがり気味になる剣弁タイプです。

 

剣弁といっても、花びら自体は細いタイプではなく、
丸みを帯びた形をしているので、とげとげしくありません。

 

咲き始めは全体的に黄緑色ですが、
咲き進むと装飾花の外側から徐々にピンクに染まります。

 

そのまま咲き進んで満開になると、花びら全体がピンク色になります。
その後、花が傷まずに木についたままになると、ピンクが抜けて緑に変わります。

 

花色の基本はピンクですが、土の酸度によって色が変化するので、
自分好みの色に調整するのも面白そうです。

 

ただ酸性に傾けても、ブルーというよりは紫色になるので、
濃いブルーを求めている場合は、いっそピンク系の花を楽しむ方が良いでしょう。

 

どの色が出たとしても、透明感のある色で、美しさには変わりはありません。

 

枝の太さは普通ですが、コンパクトに育つため、
あまり折れたり倒れたりといったことはありません。

 

葉も一般的なアジサイと同じような形ですが、少し色が濃いのが特徴です。
透明感のある爽やかな花色と濃い葉色のコントラストが素敵です。

 

 

■コメットの育て方のポイント

 

基本的な育て方は、一般的なアジサイと同じです。
花もちが良いので、剪定の時期になってもまだ花が傷まないことがあります。

 

そのまま秋まで楽しんでも良いのですが、
性質は普通のアジサイと同じなので、
7月に剪定を済まさない場合、翌年の花は望めなくなります。

 

全体的にコンパクトに育ち、背丈もなかなか高くなりません。
花上がりは良い方ですが、株がコンパクトな分、迫力に欠けることがあります。

 

コンパクトな株であることを生かし、寄せ植えにすることもできます。
開花株を購入し、他の植物と大きめのコンテナや鉢に寄せ植えすると、
にぎやかでポップな寄せ植えを作ることができます。

 

寄せ植えにした場合、シーズンが終わった後は
個別に植え替えた方が、後の管理が楽になります。

 

あまり大きくならないので、花壇に植えこんでも良いですし、
鉢植えに単品で植えるのもお勧めです。

 

花色は土の酸度によって変わるので、ピンク系ならアルカリ性に、
紫に変えるなら酸性にした土を使って植え付けます。

 

ピンクの花色を維持したければ、鉢植えに単体で植える方が管理が楽になります。
毎年土の酸度を少しずつ変え、好みの花色になるよう調整していくのも面白いです。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

この記事に関連する記事一覧