チボリ

アジサイの育て方.net

チボリ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


tibori

チボリ、愛らしい西洋アジサイの品種です C)フラワーギフト花樹有

 

 

ボリュームのある手まり状に固まる花と、鮮やかな花色で人気の高い品種です。

 

見た目が魅力的で、全体にまとまりよく育つことから、
母の日などのプレゼント用の鉢花としても人気があります。

 

 

[チボリ]

 

 

■チボリの特徴

 

通常の手まり状になるアジサイに比べると、
やや平たく塊ができるため、半手まりといった感じになります。

 

完全な手まりほど丸い形に固まりませんが、
たくさんの花がぎゅぎゅっと詰まった状態で咲くので見栄えが良いです。

 

花の色もかなりはっきりとしていて、
赤に近い濃いピンクから紫色の花びらの縁に白が入ります。
濃い花色に白い縁取りなので、色のコントラストが鮮明です。

 

発色もとても良く、色合いは育てる環境や土の酸性度で左右されますが、
どの色が出ても美しい色になります。

 

販売されている店によっては、
チボリブルー(パープル)やチボリレッド(ピンク)といったように、
品種名の後ろに色が入った名前で売られていることがあります。

 

これは色を強調するためで、ピンクやブルー、パープルの花が、
必ず咲く品種があるというわけではありません。

 

あくまでも酸性度合いによって色が変わるので、
ブルーを購入しても、翌年はピンクに変化することもあります。

 

葉の大きさは普通で、色も特別変わっているわけではありません。
縁に細かいギザギザの入った、いたって普通のアジサイの葉ですが、

 

このナチュラルなグリーンと花色との差がはっきりしていて、
花の美しさを引き立ててくれます。

 

一般的なアジサイより、ややコンパクトにまとまりやすい性質があります。
コンパクトなので鉢植えにも向きます。

素敵な鉢カバーに入った鉢植えは、プレゼントでも喜ばれそうです。

 

 

■チボリの育て方のポイント

 

基本的にはアジサイと同じように育てます。
ただし、一般的なアジサイに比べると、
やや耐寒性に劣るため、冬の管理には注意します。

 

できれば落葉する頃に室内に取り入れるようにします。
戸外と室内を季節によっていったりきたりするため、
できれば鉢植えで育てた方が、管理が楽になります。

 

もちろん、寒ささえ問題なければ地植えにすることもできます。
地植えにした場合は、鉢植えよりも大きくなるので、
鉢植えと同じくらいコンパクトに抑えたい場合は、剪定で調節します。

 

枝がしっかりしているため、基本的には支柱は必要ありません。
地植えで育てていて、背丈が高くなって枝が曲がりやすい場合は、
支柱を立ててあげると安心です。

 

花の色は、土が酸性かアルカリ性かで変わります。
購入した時(プレゼントされた時)の花色を維持したいのであれば、
土の酸性を同じようにする必要があります。

 

酸性に傾ければ青に、アルカリに傾ければピンクに変化します。
最近では、アジサイ用の培養土というものがあります。

 

青花、赤花それぞれに専用の培養土があり、酸度調整がすでにされているので便利です。
肥料にも青花用、赤花用があります。
どうすればいいか分からない時は、専用のものを使うと分かりやすいのでお勧めです。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月


スポンサードリンク

人気の記事

 

タグ :

アジサイの種類

この記事に関連する記事一覧

«  | ホーム |  »