ナイチンゲール

アジサイの育て方.net

ナイチンゲール

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


nightingale

ナイチンゲール C)千草園芸

 

 

ナイチンゲールという名のアジサイがあります。
西洋アジサイの一種ですが、西洋アジサイには珍しいガク咲きです。

 

神秘的な色合いが特徴のナイチンゲールは、
自宅用にもプレゼント用としても人気の高い品種です。

 

ナイチンゲールの特徴育て方のポイントをご紹介しましょう。

 

[ナイチンゲール]

 

 

■ナイチンゲールの特徴

 

ナイチンゲールの花は、西洋アジサイには少し珍しいガク咲きです。
中心に両性花が咲き、その周りに装飾花が咲きます。

 

花の形はオーソドックスなアジサイの形をしていて、
一重で花弁はキレイなひし形をしています。

 

両性花は中心によく固まっていて、数も多いです。
小さな両性花と大きな装飾花とのコントラストがはっきりしているため、
オーソドックスな形をしているにも関わらず、どこか垢ぬけた印象があります。

 

ナイチンゲールの魅力は、はっきりとした花形だけではありません。
本当の魅力は、その深い花色にあります。

 

ナイチンゲールの花色は、深い青です。
青一色ではなく、装飾花ごとに微妙に色が違っていて、
水面に絵具を流したかのような、淡いグラデーションのようになっています。

 

この微妙な色合いが、はっきりとした花形をしているナイチンゲールに、
神秘的な雰囲気を加えています。

 

花色は株ごとに少しずつ異なるため、
購入時にはぜひ花を見て、気に入ったものを購入しましょう。
自分の目で見て気に入った株なら、いつまでも魅力が色あせることはありません。

 

葉の色は普通~少し濃い目です。
枝は少し細いことがありますが、丈夫なので折れることはあまりありません。

 

ただ、花房が大きいので、雨を含んだ時に、花の重さで倒れやすくなることがあります。
その場合は、あんどん支柱などを使って支えてあげましょう。

 

 

■ナイチンゲールの育て方のポイント

 

基本的なアジサイの育て方に準じます。
西洋アジサイなので、寒さに弱い場合があります。
冬の間、霜に当たらないように、軒下などで管理するのがお勧めです。

 

基本の花色は深い青色ですが、土の酸性度によって色が変化します。
濃い青色を維持したい場合は、土を酸性に調整する必要があります。 

 

色合いが変わっても良いということであれば、酸度を気にせずに育てると、
毎年少しずつ違った花色を見せてくれることもあります。
成長がそれほど早くないので、地植えでも鉢植えでも育てることができます。

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

この記事に関連する記事一覧