ノリウツギ

アジサイの育て方.net

ノリウツギ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


noriutugi002

ノリウツギ

 

 

ノリウツギは、漢字では糊空木と書きます。
これはノリウツギの樹液が、和紙を漉く時の糊に使われていたからだそうです。

 

空木という字が入っていますが、通常のウツギのように枝の中心が空洞ではなく、
スポンジのような状態になっています。

 

ノリウツギは、もともとは日本に自生しているアジサイの仲間ですが、
園芸用に品種改良されたものも見られるようになってきました。

 

自生していたものや、園芸品種も、
人気が高まっているノリウツギとは、どんなものなのでしょうか。

 

 

[ノリウツギ]

 

 

■ノリウツギの特徴

 

ノリウツギの花は両性花が主体となっています。
山や林に自生していますが、ヤマアジサイとはまた違った魅力があります。

 

ヤマアジサイが全体的に小ぶりで楚々とした印象が強いのに対し、
ノリウツギは花の主張が強く目立つ存在です。

 

放任で育てると背丈も高くなる上に、花房がとても大きいので見栄えがします。

 

花房は一般的なアジサイのような、てまり咲きやガク咲きではなく、
どちらかというとカシワバアジサイのような円錐形をしています。

 

たくさんの両性花が円錐形に集まって咲き、その中に不規則に装飾花が咲きます。
装飾花の数はあまり多くなく、点々といった風に咲きます。

 

両性花は一般的なアジサイの両性花に比べると少し大きく、
しべも長いので、両性花が咲き進むとふさふさとした印象になります。

 

装飾花は花弁が4枚で、丸みを帯びた形をしているので、
花房が大きく目立つ割りに可愛らしく見えます。

 

ノリウツギの色は基本的には白ですが、
品種によっては黄緑からクリーム色へ変色するものもあります。

 

また花もちがとても良いので、秋まで咲き続けることも多く、
だんだんと寒くなってくると、枯れずに残った花はさらに色を変え、

 

濃いピンク~赤色に変化します。
特に寒冷地など、早くに気温が下がる地域では、赤い色がキレイに出せます。

 

 

Limelight

ライムライト C)コピスガーデン

 

 

ノリウツギの園芸品種である「ミナヅキ」と「ライムライト」は、
両性花がなく装飾花のみで円錐形の花房ができあがります。

 

ミナヅキは白花ですが、ライムライトは黄緑色の花が咲きます。
ライムライトは咲き進むと、黄緑からクリーム色に退色し、
その後ピンク~赤に変化するので、長い花期を飽きずに楽しめます。

 

ノリウツギの葉は一般的なアジサイよりも少し小さいですが、
株が大きくなるにつれ葉も大きくなる傾向があります。

 

葉の縁にはぎざぎざが入りますが、
普通のアジサイよりもかなり細かい切れ込みが入っています。

 

葉の表面には光沢はありません。
花房が大きくなるのですが、枝が少し細いので、
雨の日などは花の重みで枝が倒れることがあります。

 

 

noriutugi003

大きく育つノリウツギ

 

 

■ノリウツギの育て方のポイント

 

日向~半日陰まで、幅広い範囲で育てることができます。
水はけと水もちの良い土を好むので、
夏の強い直射日光が株元に当たり、土が乾燥すると株が弱ることがあります。
夏の西日には要注意です。

 

ノリウツギは花期が長いので、剪定に迷いそうになりますが、
剪定時期が花後~翌年3月までと、かなり猶予があります。

 

一般的なアジサイのように、夏に花芽を形成するのではなく、
春に芽吹いてから花芽ができるため、
剪定は厳寒期を避ければ、いつでも可能となります。

 

ノリウツギの剪定の強さも、強剪定と弱剪定どちらも可能です。
強剪定をしておけば、枝数が少なくなって花房が大きくなります。

 

弱剪定をすると、枝数が増えて花房が小さくなります。
育てる環境やスペース、好みにより仕立て方を変えられるのも魅力の1つです。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事