ピンクアナベル

アジサイの育て方.net

ピンクアナベル

目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


Pink Annabel

ピンクアナベル C)千草園芸

 

 

ピンクアナベルは、ガーデナーの間で人気の高い、
西洋アジサイのアナベルのピンク花種です。

 

アナベルといえば白花のイメージが強いですが、
最近ではこちらのピンクアナベルもとても人気の高い品種です。

 

海外でも日本でも、白花のアナベルとともに人気のある、
ピンクアナベルとは、どのようなアジサイなのでしょうか。

 

 

[ピンクアナベル]

 

 

■ピンクアナベルの特徴

 

花は、装飾花がぎゅぎゅっと集まって咲くてまり咲きタイプです。
ピンクアナベルにも品種があり、
一般的には「ピンクのアナベル」というラベルがついたものが流通しています。

 

ピンクのアナベルより流通量は少ないですが、
「ピンクアナベル ベラアナ」という品種もあります。

 

両者の違いは、花の色と花房の大きさです。
ピンクのアナベルの方は、花色は薄いピンクで、
花房は大きくなれば直径30cmほどにもなります。

 

対してベラアナの方は、花色がとても濃いピンクで、
花房は大きくなっても直径が25cmほどと、ピンクのアナベルより小さいです。

 

どちらも花色も花もちも花上がりも良いので、
単純に花房の大きさや色の好みで選んでも良いでしょう。

 

ピンクのアナベルは、白花の雰囲気を引き継いで清楚な雰囲気があり、
ベラアナの方はゴージャスで元気な印象です。

 

どちらの品種も、装飾花1つ1つは意外と小さいので、
たくさん集まってい咲くにも関わらず、軽やかで繊細な雰囲気もあります。

 

茎はアナベルと同じで、花房の大きさの割に少し細めです。
そのため、折れることはないものの、花の重みで倒れることがあります。

 

株が大きくなれば、枝の長さも長くなって倒れやすくなってくるので、
支柱をしておいた方が心配がありません。

 

葉の大きさは普通ですが、色がやや濃い目です。
少し濃い目の葉色が、花色を引き立たせてくれます。

 

 

Vera Ana

ベラアナ

 

 

■ピンクアナベルの育て方のポイント

 

育て方は、白花のアナベルと同じです。
一般的なアジサイのように、夏に花芽を作るわけではなく、
春以降に伸びた新芽に花芽を作るため、
花が終わった後~春前まで剪定が可能です。

 

落葉した後、晩秋頃に株元から10cmほど残してばっさりと剪定しておけば、
冬の間に枯れ枝を残すことがないため、すっきりします。

 

ピンクアナベルも花もちが良く、うまく管理すれば長期間花をつけてくれます。
退色した花も、切り取ってドライフラワーに利用することもできるので、
本当に長い期間楽しむことができます。

 

西洋アジサイは、ガクアジサイやヤマアジサイに比べると、耐寒性が劣るといわれます。
ところがこのピンクアナベルは、白花のアナベル同様、
耐寒性があるので、日本のどこでも育てることができます。

 

生育は旺盛ですが、うまくコントロールすれば鉢植えで育てることもできますし、
日当たりも日向~半日陰と幅が広いのも嬉しい特徴です。

 

剪定の時期も選びませんし、基本の管理さえ行っていれば花上がりも良いので、
アジサイ初心者の方でも気軽にチャレンジできる品種です。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事