夏祭り

アジサイの育て方.net

夏祭り

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


natumaturi (1)

夏祭り

 

 

アジサイの夏祭りという品種は、
加茂花菖蒲園が交配したオリジナル品種です。

 

濃い赤色の花が目を引く夏祭りは、
花色が濃いため派手な印象がありつつも、
ガクアジサイの中では、繊細さも持ち合わせています。

 

夏祭りとは、どのようなアジサイなのでしょうか。

 

 

[夏祭り]

 

 

■夏祭りの特徴

 

花は赤から濃いピンク色になるため、遠目でも目立ちます。
アジサイは淡い色が多いので、夏祭りのように濃い色合いのものは、
花が小さくても見栄えがするので人気があります。

 

咲き始めは、中央がクリーム色っぽい色をして、縁のみが赤い色をしています。
花が開いて、咲き進んでいくと、クリーム色だった部分にも赤い色がのり、
最終的には花全体が赤色に染まります。

 

花房は、中心に両性花がぎゅっと詰まった状態で咲き、
その周りを囲むようにして装飾花が咲きます。

 

両性花は、装飾花ほど赤色が出ず、青紫がかることがありますが、
装飾花の赤色とグラデーションのようになり、不思議な魅力があります。

 

装飾花の大きさや咲き具合で、両性花がほとんど隠れてしまうこともあります。
ヤマアジサイと交配しているため、
花の塊も通常のガクアジサイに比べると、少し小さいのが特徴です。

 

また、枝も一般的なガクアジサイに比べると細く、繊細な印象があります。

 

葉は縁にぎざぎざが入った、アジサイらしい葉ですが、大きさは小ぶりです。
ヤマアジサイほど小さい葉ではありませんが、
ちょうど普通のアジサイとヤマアジサイの中間といったところです。

 

色は一般的なガクアジサイと同じか、少し薄い色をしています。
全体的に小づくりなガクアジサイといった雰囲気なので、
庭植えはもちろん、鉢植えにして育てても楽しめます。

 

全体的に、葉も花房も小さく、花色が濃く葉色がやや薄めのため、
和風に限らず洋風の庭にも合わせることができます。

 

 

natumaturi (2)

開花していく夏祭り C)engei.net ←良苗を安心梱包で送ってくれます

 

 

■夏祭りの育て方のポイント

 

育て方は、基本的なガクアジサイに準じます。
本来、アジサイは土の酸性度によって花色が変化しますが、
夏祭りは色が比較的安定しています。

 

通常、アルカリ性に傾けることで赤系の色が出ますが、
夏祭りの場合は、そこまで神経質にならなくても、赤色の花になります。

 

ただし、赤色に安定していても、真っ赤になるわけではありません。
やはり土の酸度や環境、育て方によっては、少し青みが入ることもあります。

 

ヤマアジサイと交配しているため、枝が細いので、
開花中に雨が降ると、花が水滴を含んで重くなり、枝が下がることがあります。

 

花の塊自体も小さ目なので、枝が下がったり折れることはありませんが、
予防のために支柱をしておくと安心です。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月


スポンサードリンク

人気の記事

 

タグ :

アジサイの種類

この記事に関連する記事一覧