星花火

アジサイの育て方.net

星花火

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


星花火 C)加茂花菖蒲園

 

 

星花火(ほしはなび)は、素敵なアジサイをたくさん作出している、
加茂花菖蒲園が育成したガクアジサイの1つです。

 

星のような形をした花が花火のように散った姿は、
梅雨のうっとうしい庭をぱっと明るくしてくれます。
そんな星花火の特徴と、育て方のポイントをご紹介します。

 

 

■星花火の特徴

 

星花火はガク咲きタイプのアジサイです。
一般的なガク咲きのアジサイは、中央につぶつぶの両性花が集まっていて、
その周りを囲むように装飾花が咲きます。

 

ところがこの星花火は、両性花が少量集まった塊がいくつかに分散し、
その分散した両性花それぞれの周りに、装飾花がつきます。

 

この装飾花も、軸がとても長く枝垂れるようになる上に、
数があまり多くなくばらけたようにつくため、
まるで花火が散っているように見えるのが特徴です。

 

咲き始めは両性花も装飾花も少し固まって咲きますが、
咲き進むにつれ両性花も装飾花も分散していきます。
その姿はゆっくと花火が広がるように見えて、とても不思議です。

 

装飾花は八重咲きですが、花弁の先端が少しとがっているタイプの花のため、
甘ったるい雰囲気はなく、スッキリとしています。

 

装飾花1つ1つが、精巧な飾り掘りのように美しい形をしています。
両性花はあまり目立たないものの、花色は装飾花と同じような色に染まり、
八重咲きのようになります。

 

花色は土の酸度や株によって少し幅があります。
基本の花色はごく淡い藤色ですが、酸度が強ければ青が強く出て、
アルカリが強ければ藤色が少し濃くなります。

 

また、株により色があまり出ず、ほぼ白に見えるものもあります。
株ごとに花色が少しずつ異なる場合があるので、
自分の目で見て購入した方が確実です。

 

装飾花の形がくどくなく、また花色も淡いため、
清楚で爽やかな印象が強い品種です。

 

葉は一般的なアジサイよりも、少し細く色が少し濃く出ることがあります。
細めで色が濃い目の葉は、繊細な花をとてもよく引き立たせてくれます。

 

また、枝も細く、株全体を見ても清楚で儚げな雰囲気を壊すことがありません。
細くても丈夫な枝なので、折れる心配もなく、仕立てやすいのが嬉しいです。

 

花が重くて枝が倒れそうな時は、支柱を立てると安心です。

 

 

■星花火の育て方のポイント

 

育て方は、一般的なアジサイと同じで問題ありません。
日当たりも日向~半日陰まで広く適応できます。

 

ただ、水切れにはやはり弱いので、
夏場に水切れを起こさないように注意が必要です。

 

生長は早くも遅くもなく、比較的コンパクトにまとまる性質があるので、
庭植え・鉢植えどちらにすることもできます。

 

庭植えにすれば、こんもりと茂った枝葉から、
あらわれる花火が散る様子が素敵です。

 

鉢植えでも花上がりがとても良いので、
多くの花を観賞することができます。

 

花色を青にしたければ酸性に、藤色にするなら弱酸性~中性に、
赤の強い藤色にするならアルカリに調整する必要があります。

 

ただし、星花火の真価を発揮するのであれば、
酸性~中性に調整し、青~藤色に合わせた方が良いでしょう。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ 挿し木の仕方
・アジサイの剪定方法


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事