春よ恋

アジサイの育て方.net

春よ恋

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


春よ恋 C)加茂花菖蒲園

 

 

春よ恋は、加茂花菖蒲園が改良して作ったガクアジサイの品種です。
加茂花菖蒲園は、外見も美しく丈夫で育てやすいアジサイを多数作っています。

 

春よ恋は、母の日のプレゼントにも人気のあるアジサイです。

春よ恋には、どのような特徴や育て方のコツがあるのでしょうか。

 

 

[春よ恋]

 

 

■春よ恋の特徴

 

春よ恋はの花房は、ガク咲きタイプです。
中央に両性花が集まり、その周りを囲むように装飾花がつきます。

 

両性花も装飾花も八重咲きなので、見応えがあります。
装飾花は大きすぎず、やや小ぶりな大きさをしていますが、
花弁の枚数が多く、近くで見ると巧妙な細工を見ている気持ちになります。

 

両性花は蕾の時はつぶつぶとしていますが、だんだん咲いてくると、
両性花も八重化していて、だんだんと花房全体がふわりと膨らんで見えます。

 

両性花は装飾花に比べるともちろん小さいのですが、
両性花も八重化しているためか、両性花が咲き切ると、
ガク咲きなのにも関わらず、テマリ咲きのように見えることがあります。

 

花が咲き進むにつれ、刻一刻と表情が変わり、毎日見ていても楽しめます。
花色はピンクが基本となっていますが、土の酸度によって色が変わります。

 

酸性に傾ければ、青や青紫色になりますが、キレイに発色させるのは難しいです。
特に両性花はピンクを帯びる傾向が強く、装飾花が薄い青紫色に発色しても、
両性花は薄いピンク色をしている状態になることがあります。

 

そのため、発色の良いピンク系に合わせた方が、
たいへん美しい花を観賞することができます。

 

 

薄いピンクも可憐です

 

 

いずれの色が出たとしても、全体的には淡い色合いになることが多く、
はっきりとした濃い色にはなりません。

 

両性花も装飾花も八重咲きのため、派手な雰囲気になりやすいものですが、
花色や装飾花の大きさ、花弁の形などにより、清楚な雰囲気が漂います。

 

葉の色や大きさは、一般的なアジサイと同じくらいです。
枝の太さなども同じくらいなので、簡単に折れることがなく、
安心して育てることができます。

 

西洋アジサイの血統が入っていますが、
日本の気候に合うように改良されているため、
寒さにもある程度耐えることができます。
生長速度は速くないので、鉢植えにして育てることも可能です。

 

 

青色はきれいに出にくいです

 

 

■春よ恋の育て方のポイント

 

基本の育て方は、一般的なアジサイと同じです。
花色が土の酸度によって変わるため、好みの花色に咲かせるには、
調整が必要となります。

 

特に春よ恋の場合は、ピンク系がキレイに発色するため、
ぜひピンク系に咲かせたいものです。

 

アジサイをピンク系に咲かせるためには、
土をアルカリ性に調整する必要があります。

 

日本は雨が多く、どうしても土は酸性に傾きやすくなっています。
地植えにしている場合は、毎年アルカリ性に傾ける、
苦土石灰などを土に加えるなどして調整します。

 

鉢植えの場合は、植え替え時に使う土を、
市販されている赤いアジサイ用培養土などを使うのがお勧めです。

 

肥料を与える時も、赤いアジサイ用の肥料を与えると良いでしょう。
花色は自然任せで良い場合は、無理に土の酸度を調整する必要はありません。


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事

«  | ホーム |