未来

アジサイの育て方.net

未来

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


ajisai-mirai002

未来 C)Green Box

 

 

「未来」は、西洋アジサイと山アジサイとをかけ合わせた品種です。
アジサイらしくよくまとまって咲く装飾花は、
花色も美しく花型も良いので観賞価値が高いです。

 

未来の人気が高いのは、花型だけが理由ではありません。
アジサイの未来にはどのような魅力があるのでしょうか。

 

 

[未来]

 

 

■未来の特徴

 

未来の花は、両性花が少なく、ほぼ装飾花が咲きます。
装飾花1つ1つは大ぶりということはありませんが、
たくさんの装飾花がぎゅっと集まっているので、花房は大きめです。

 

花房は大きめで、茎ががっしりとしているので、折れる心配はありません。

 

未来の特徴の一つとして、花色の移り変わりがあります。
咲き始めは花の中央が黄色を帯びた薄いグリーンで、
縁が濃いピンク~赤紫色になります。

 

縁の色は花の中央に比べると濃いですが、
少しグラデーションが入るので、コントラストが強すぎません。

 

咲き進むと、花の中央の黄色が薄くなり、白が強くなってきます。
花の縁には濃いピンク~赤紫が入りますが、開花初期よりも幅が狭くなります。

 

ここまでは通常のアジサイと同じように咲きますが、未来はここからが違います。
日当たりや気温によって、秋まで花が咲き続けます。

 

白かった中央は緑を帯び、花全体が明るい黄緑色に変化します。
花の縁にあった濃いピンク~赤紫のラインは、徐々に細くなり、
ほとんどなくなりますが、ところどこは残る状態となります。

 

明るい黄緑色と、縁にごく細く残った濃いピンクのラインとで、華やかな印象になります。
その後、さらに色が変化いていき、黄緑色だった部分がワインレッドへと変わります。

 

最終的には、モスグリーンとワインレッドが入り混じった、
大人カラーの秋色アジサイに仕上がります。

 

装飾花は一重咲きですが、一塊になる装飾花の数も多い上に、
色がはっきりとしているので、寂しくなることはありません。

 

むしろ色が濃くなってきた時、一重だからこそのスッキリ感が保たれます。
咲き始めから秋色になるまで、ずっと楽しんでいられる品種です。

 

ヤマアジサイが主となって交配しているため、
一般的なアジサイよりも少し線が細いイメージがあります。

 

線が細いのはイメージだけで、茎もしっかりとしていて丈夫ですし、
葉も特別小さいわけではありません。

 

開花の頃の葉は、一般的なアジサイと同様に緑色をしていますが、
未来はことのほか新芽の色が濃いのも特徴です。

 

落葉して冬を過ごした後、春になって新芽が伸びてくると、
最初はその色に驚く方も多いでしょう。

 

新芽の時から緑色をしている品種も多いですし、
新芽の色が濃い品種でもエンジ色くらいが一般的です。

 

ところが、未来の新芽は真っ黒といっても過言ではないほどの色の濃さです。
その後、葉が展開していっても、しばらくは黒っぽい色が続きます。

 

気温が上がって日照時間が長くなってくると、
だんだんと黒が減り、緑へと変化します。

 

 

ajisai-mirai001

大人の雰囲気が感じられる素敵なアジサイです

 

 

■未来の育て方のポイント

 

未来の育て方は一般的なアジサイと同じで問題ありません。
ただ、秋色になるまで花を楽しむためには、少しコツが必要です。

 

もともと未来はヤマアジサイの性質を受け継いでいるため、
一日中日当たりの良い場所よりは、半日陰くらいの場所の方が合っています。

 

特に未来が秋色になるまで楽しむためには、
開花してからあまり直射に当てない方が、花もちが良くなります。

 

当たっても午前中だけなど、強い光が当たらないようにすることがポイントです。
また、涼しい環境を保つことも大切です。

 

戸外に置くのであれば、風通しが良くなるべく涼しい場所で管理しましょう。
室内で管理する場合も、あまり気温が上がらない場所の方が無難です。

 

ただし、エアコンの風が直接当たる場所に置いていると、
土の乾燥が早まり、葉が乾燥で焼けたようになるため、避けるようにします。

 

秋まで花を楽しむと、それから剪定したのでは、花芽を切り落とすことになります。
株が小さく、枝数が少ないうちは、初夏だけ花を楽しんですべての枝を剪定します。

 

あるいは、秋まで花を楽しむのであれば、1年おきに花を楽しむつもりで管理します。
未来の株が充実し、枝数が増えてきたら、半分は初夏に剪定し、

 

残りは秋まで花を楽しむといったように、
剪定する枝と花を残す枝を分けると毎年楽しめるようになります。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月


スポンサードリンク

人気の記事

 

タグ :

アジサイの種類

この記事に関連する記事一覧

«  | ホーム |  »