森の泉

アジサイの育て方.net

森の泉

目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


森の泉 C)加茂花菖蒲園

 

 

森の泉は、加茂花菖蒲園が作出したガクアジサイです。

加茂花菖蒲園のアジサイは、どれも美しく特徴的ですが、

 

その中でもアジサイの印象を変える品種ととして名高い、

森の泉とは、どのような特徴のアジサイなのでしょうか。
育て方のポイントもご紹介しましょう。

 

 

[森の泉]

 

 

■森の泉の特徴

 

種別としてはガクアジサイですが、装飾花がとても大きく、
しかも花弁が5枚のものが多く、装飾花の数も多いため、半テマリ咲きにも見えます。

 

栽培環境や管理方法で、装飾花の柄の長さや花の詰まり具合などが異なるため、
その年によって、半テマリ咲きに見えたり、完全なガク咲きに見えたりします。

 

中央の両性花は、小さな粒がたくさんつき、しかもぎゅっと1つにまとまっています。
その上、両性花も青い色がつくため、両性花の部分が森の中に泉のように見えます。

 

それを囲うように装飾花が詰まって咲くと、
まるで泉の周りに花が咲き誇っているようにも見えて、素敵です。
装飾花と両性花の色が似ているため、一体感のある花房となります。

 

花色の基本は青ですが、アルカリ性に傾くと、少し紫がかった色合いになります。
どちらかというと青の方がキレイに発色しますし、
泉の名の通り、水色がとてもよく似合います。

 

そのため、土を酸性に保っていた方が、美しい花色を堪能することができます。
濃い青というよりは、水色といった方がしっくりとくる花色をしています。

 

株ごとの個体差や、土の酸度の具合から、水色の濃淡が異なるので、
好みの色の開花株を選ぶようにし、酸度調整をしっかりと行うと良いでしょう。

 

枝はやや細めですが、丈夫なので折れることはほとんどありません。
株が大きくなってきた時、花の重みで枝が倒れ気味になることがあるので、
その時は支柱を立てて支えてあげましょう。

 

葉の色は一般的なアジサイと同じくらいの濃さの緑色です。
大きさは普通くらいか、少し小さいくらいになります。

 

株が小さい頃は、枝も細く葉も小さめのため、貧弱に見えることがありますが、
丈夫で育てやすい加茂セレクションなので、見た目より強い性質を持っています。

 

 

■森の泉の育て方のポイント

 

育て方は一般的なアジサイと同じです。
花色の青をキレイに出すためには、土を酸性にしておく必要があります。

 

アルカリ性に傾いてしまっても、枯れることはありません。
けれど、花色がごく薄い紫になり、
抜けるような爽やかな水色を楽しむことができません。

 

基本的には、日向~半日陰の場所で育て、土は水はけと水もちの良いものを使います。
けれど丈夫で育てやすい品種なので、土質にもうるさくありませんし、
水切れに注意していれば、半日陰くらいの日照でも十分に育ちます。

 

それほど生長が早いわけではないので、鉢栽培ももちろん可能です。
地植えにして育て、大株に仕立てれば美しい花をたくさん見ることができます。

 

地植えにした場合の最終的な樹高は、100cm~150cmくらいです。
剪定の強さによって、樹高をコントロールすることが可能です。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事