羽衣の舞

アジサイの育て方.net

羽衣の舞

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


hagoromonomai001

羽衣の舞

 

 

羽衣の舞は、ヤマアジサイで人気の高い品種です。
まだ新しい品種で、市場で見かけることが少ない品種ですが、
その姿のかわいらしさから人気が徐々に上がってきています。

 

 

[羽衣の舞]

 

 

■羽衣の舞の特徴

 

株姿や葉の形、大きさなどは、一般的なヤマアジサイとほぼ同じです。
花の特徴としては、先端が少し尖っている丸弁で、八重咲きの花を咲かせます。

一塊の中でも、多くの装飾花をつけるため、花自体が小ぶりでも見栄えがします。

 

羽衣の舞の花色の基本は、白い花弁に縁がピンク色ですが、
育てている環境や管理方法、株の状態によっては、
花びら全体がピンク色に染まることもあります。

 

はっきりとしたピンクというよりは、
薄桃色といった風なので、全体的に優しい色合いです。

 

覆輪もはっきりとは出ないため、グラデーションのような柔らかさがあります。
土の酸性度によって、覆輪がピンクから紫になることがあります。

 

羽衣の舞が紫になる時は、ピンクの時より覆輪が細くはっきりしません。
青っぽい紫色のラインが入る程度になることもあるため、
一見すると真っ白な花を咲かせているように見えます。

 

葉もみずみずしい緑色をしているので、花とのコントラストが楽しめます。

 

 

hagoromonomai002
羽衣の舞 *写真2点C)園芸百貨店何でも揃うこぼんさい

 

 

■羽衣の舞の育て方のポイント

 

羽衣の舞の基本的な育て方は、一般のヤマアジサイに準じます。
性質も特に難しい点もなく、生育も早すぎず遅すぎずなので、
初心者の方でもチャレンジしやすいアジサイです。

 

羽衣の舞は、水切れにさえ注意して、

剪定位置を間違えなければ、毎年キレイに咲いてくれます。
羽衣の舞は、生育が早すぎることがないため、
無理に剪定をしなくてもコンパクトに育ちやすいのも魅力です。

 

株が全体的に小づくりなので、地植えはもちろん、鉢植えにも適しています。
盆栽仕立てにしても、花がかわいらしく管理もしやすいのでお勧めです。

 

基本の花色は白に覆輪がピンクですが、土の酸度によって色が変化します。
何色が咲いても良いというのであれば、何も気にせず肥料や土を選べます。

 

羽衣の舞を、どうしてもピンクに咲かせたい場合は、
土がアルカリになるように、肥料や用土を選ぶようにしましょう。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事