アジサイ 育て方 1月

アジサイの育て方.net

アジサイの育て方 1月

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai003

アジサイは冬は枯れたように見えます
しかし、じっと寒さに耐えながら、春の訪れを待っています

 

 

暖かくなって元気に新芽を吹き出すように、
1月のアジサイの世話と気をつけたいことをご紹介します。

 

[アジサイの育て方 1月]

 

 

■1月のアジサイの様子

 

1月のアジサイは葉を落とし、まるで枯れている感じです。
アジサイは、思いのほか寒さに強い植物です。

 

雪が積もって埋もれている方が過ごしやすく、
北風にさらされている方が辛い環境なのです。

 

しっかりと寒さに当たると、
1月の中旬ごろからは休眠から徐々に目覚めていきます。

 

 

■1月の主な作業

 

・挿し木
タマアジサイやカシワバアジサイは、休眠ざしが適しています。

1月の下旬から作業を行います。
前年に伸びた枝を、2芽付いた状態で切り、
そのまま赤玉土や鹿沼土、パーミキュライトを入れた鉢に挿します。

 

挿し木を行った後は、水を切らさないように注意が必要です。
土が凍ったり、霜柱が立って根元が持ち上がったりしないように、
日当たりのよい窓辺で育てます。

 

・植え替え
関東以西の地域では、植え替えの作業を行うことができます。
>>アジサイの植え替え

 

・植え付け
アジサイの植え付け時期は、
11月~新芽が出る4月ごろからが適しています。

 

寒冷地では、霜に当たると株が弱ってしまう可能性があるので、
暖かくなって根が動き出す直前の3月~4月が安心です。

 

 

ajisai002

温暖な地域では、アジサイの苗を植え付けられます、シーズンより低価格です

 

 

■栽培管理

 

●地植え
・水やり
地植えでは、基本的には水やりはしません。
強風にさらされるようであれば風よけを行います。

 

●鉢植え
・水やり
空気が乾燥しているうえに、土が乾いてしまうと、
水切れが原因で枯れてしまうことがあります。

 

屋外で管理しているアジサイの用土が凍ると、
根が水を給水できず、水切れを起こすので注意が必要です。

 

・鉢植えの置き場所
この時期は、日当たりは特に気にする必要はありませんが、風には注意します。
直接風にさらされない、軒下などで管理を行います。

 

・肥料
1月は寒肥を行う季節です。

油かすに少量の骨粉を混ぜたものを株のまわりに施します。
6号鉢で20g、庭植えの5年生の株で100gを目安にします。

 

・病害虫対策
特に気を付ける点はありません。

 

■注意したいこと
・強い北風に当たらないように風除け対策を。
・鉢植えでは、水切れに注意が必要です。
・寒肥は忘れずに与えましょう。 

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

人気の記事