アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

アジサイの花色

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai (2)
アジサイの本来の青や赤をきれいに出したいですね

 

 

アジサイの花色は土壌の酸性度で変化します。

 

もともとの花色の発色をよくするために、
土壌の酸性度に合った肥料を与えると、花色が美しくなります。

 

庭植えでは、雨やもともとの土壌成分の影響を受けるため、
思い通りにコントロールすることは難しいのですが、
鉢植えでは発色をコントロールすることができます。

 

 

■アジサイの花色

 

 

seyoajisai-sizuku

 

 

1.青い花を咲かせるには?
アジサイの花を青くさせるためには土壌を酸性にします。
アジサイの花の色素はアントシアニン系です。

 

アントシアニンはもともとは赤みを帯びた色素です。
酸性の土壌では、土の中のアルミニウムの成分が、
水分に溶けやすくなっています。

 

水分に交じったアルミニウムをアジサイが根から吸収すると、
細胞の中のアントシアニンとアルミニウムが結合します。

すると、アントシアニンは青色で発色するのです。

 

土壌のアルミニウムの量が少なくなると、
花色は徐々に青から紫色へと変化していきます。

 

青色系のアジサイの発色をよくするためには、土壌を酸性にします。
リン酸の成分が少ない肥料で育てるのがコツになります。

 

用土では、赤玉土:ピートモス:パーミキュライトを、
4:4:2の割合で混ぜます。 

 

ピートモスが青色の色素をきれいにしてくれる成分です。
肥料は、骨粉などを含まない完熟油かすが適しています。

 

 

ajisai011

 

 

2.ピンク色の花を咲かせるには?
赤色系の花を咲かせるためには、土壌をアルカリ性に整えます。
アルカリ性の土壌はアルミニウムを含みません。

 

そのため、アルミニウムの成分の影響を受けない、
アントシアニンは本来の赤色を発色します。

 

アルカリ性の土壌を作るには、リン酸成分の多い肥料を与えます。
用土は、赤玉土:腐葉土:パーミキュライトを、
4:4:2の割合で配合します。 

 

腐葉土が赤色の発色を良くしてくれます。
肥料は、骨粉や魚粉を含む油かすを施します。

 

 

yamaajisai006

 

 

3.赤い花を咲かせるには?
紅(クレナイ)などの、真紅のアジサイは、
土壌の酸性度に影響をされません。

 

発色を決めるのは、日照量です。
美しい赤色のアジサイ「紅(クレナイ)」は、
日当たりの悪いところで育つと真っ白の花を咲かせます。

 

*アジサイの青・赤の発色を良くする肥料も販売されています。
>>アジサイの発色を良くする肥料


スポンサードリンク

 

タグ : 

アジサイ栽培 Q&A

人気の記事