アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

アジサイの害虫

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク


gaityu
5月半ばにアジサイについていた虫、名前不詳

 

 

アジサイは、比較的虫がつきにくいと思っていたのですが、
虫が付き、葉を食べられたり樹が弱ることがあります。

 

アジサイにはどのような害虫が付くのでしょうか?
また、どのように予防や対策するのでしょうか。

 

 

■アジサイの害虫

 

1.新梢に被害を与える害虫は?

・アオバハゴロモ
吸汁性の害虫ですが、あまりひどい被害にはなりません。
大量に発生すると、株の生長が悪くなります。

 

幼虫は白い木綿状の分泌物に覆われていますが、
その分泌物が枝につくといつまでもとれず、美観を損ねます。

 

5月頃の年に1度発生し、被害を与えます。
風通しの悪い枝や葉に寄生します。

 

幼虫は白い木綿状の分泌物に覆われていて、
刺激を与えると飛び跳ねます。

 

成虫は、幹に1列に並ぶ習性があります。
外見上はきれいな虫で、「芸者」になんだ学名が付けられています。

 

剪定で風通しを良くしておくと、発生を防ぐことができます。

 

 

ajisai (1)

アジサイの葉の裏も観察するようにします

 

 

2.葉に被害を与える害虫は?

・ハダニ
葉裏に吸着して汁を吸います。
葉がかすり状に透けて見えるようになって発見されます。

 

葉が枯れてしまうので、樹勢が弱くなります。
葉色が悪くなり、外観も損ねます。

 

高温多湿を好み、梅雨時期から9月までは発生に注意が必要です。
水に弱いので、水やりの時には、
裏にもしっかりと水をかけるようにすると、
被害を最小限に防ぐことができます。

 

・アジサイハバチ
アジサイだけにつくハバチで、5月に成虫が飛んできて卵を産み、
6月から幼虫が発生します。

 

葉脈を残して葉をすべて食べつくしてしまいます。
見つけ次第ハバチに効果のある薬剤を散布します。

 

・チャノキイロアザミウマ
お茶の樹や柑橘系の樹に良くつく、黄色の1㎜くらいの虫です。
食害された葉は褐色になり、縮れてしまいます。

 

成虫は、新芽に産卵します。
見つけ次第、薬物を散布して退治しましょう。

 

3.茎に被害を与える害虫は?

・アジサイワタカイガラムシ
アジサイワタカイガラムシは、他のカイガラムシと違い、
固い殻に覆われていません。

 

成虫は、ブラシなどでこすり取ることができますが、
株に傷をつけないように注意が必要です。

 

幼虫のふんはすす病の原因になります。
孵化した幼虫は、5月~6月に葉裏に寄生し、食害します。
スミチオン乳剤を1000倍に薄めたものを散布します。

 

■参考

 

タグ : 

アジサイの病虫害

アジサイ 葉の病気

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク


ajisai (1)

アジサイの花期、花後は、葉もよく観察しましょう

 

 

アジサイの葉のようすがおかしいのは、
何かの病気に感染したのでしょうか?

 

アジサイの葉に症状が出る病気には、
どのようなものがあるのでしょうか?
どのように対策したら良いのでしょうか?

 

 

■アジサイ 葉の病気

 

・輪斑病
淡い褐色の病斑ができ、次第に葉が変形し、

ひどくなると枯れてしまいます。
5月~9月に発生しやすい病気です。

 

水はけと株の風通しを良くし、雨で跳ね返った泥が、
株にかからないように、腐葉土やわらを敷いて、
マルチングを施すとある程度予防できます。

 

病気の株を挿し木で増やすと、

病原菌を広げてしまうので注意します。

 

・輪紋病
茎や枝の表面にいぼができ、でこぼこになり、亀裂が入ることもあります。
葉に円形の褐色の病斑ができます。

 

湿度が多いときは、黒いカビやすすが発生することがあります。
高温多湿の環境でかかりやすく、株が古いほどかかりやすい病気です。

 

土壌の水はけを良くし、株の風通しを良くします。
過度の乾燥を避け、雨水が株に跳ね返るのを防ぎます。

 

・斑点病
葉に大小の茶色の斑点ができます。
主にカビが原因で起こる病気です。
高温多湿で発生しやすく、雨のよって病原菌は運ばれてきます。

 

病気にかかった葉のある枝は切り落として処分します。
高温多湿で起こりやすい病気です。

 

株の風通しを良くしておき、株元にマルチングを施して、
雨の跳ね返りが株にかかるのを防ぎます。

 

 

ajisai07

アジサイも、梅雨には病気にかかりやすいです

 

 

・褐斑病
病気の初期には、褐色の小さな斑点ができます。
病気が進むと葉が黒く変色し、縮れてきます。

 

下端の方から発生することが多い病気です。
高温多湿の環境でよく発生します。

 

樹形が弱くなるとかかりやすいので、
普段から追肥など株の管理を適切に行い、株を健康に保ちます。

 

剪定で風通しを良くしておくと良いでしょう。
病気にかかった部分は切り落とし、処分します。

 

・うどんこ病
葉全体が粉をまぶしたように白くなります。
光合成が阻害されるため、株の生長が悪くなります。

 

涼しくて湿度の低い環境で感染しやすくなります。
特に風通しが悪いと発生しやすいので、
日ごろから剪定で株の風通しを良くしておきます。

 

・たん素病
暗褐色の斑点ができ、次第に拡大して葉に穴が開き、枯れてしまいます。
高温多湿な環境で発生しやすくなります。

 

感染した葉は速やかに取り除き、処分します。
発生を見つけたら、薬剤を散布して拡大を防ぎます。

 

■参考

・アジサイ 小さく保つには?

・アジサイ 挿し木の仕方

・アジサイの剪定方法

 

タグ : 

アジサイの病虫害

アジサイの病気

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク


ajisai05

アジサイは、比較的、病気に強く育てやすい花木です

 

 

しかし、日当たりの状態や通気性が悪かったり、
環境の急な変化で病気にかかることもあります。

 

気をつけたいアジサイの病気と対策をご紹介します。

 

■アジサイの病気

 

1.根や茎に被害のある病気は?

 

・青枯れ病
それまで元気だったのに、突然枯れてくる病気です。
病気の進行が早く、その名の通り、
葉が青いうちに枯れてしまうことがあります。

 

細菌に感染することによっておこる病気です。
高温多湿の環境でかかりやすく、
雨の後急激に温度が上がった時などは要注意です。

 

感染した株はすぐに抜き取って処分し、
他の植物に感染しないように土壌を消毒します。

 

2.茎や葉に被害のある病気は?

 

・そうか病
葉や茎に、褐色や紫褐色の小さな斑点ができます。
進行すると、葉が縮れ、奇形になります。

 

茎に発生すると、かさぶたのようなものができ、茎が曲がります。

 

そうか病は、5月~7月によく発生し、
ヤマアジサイやコアジサイがよくこの病気にかかりますが、
西洋アジサイはあまりこの病気にかかりません。

 

病気を発見したら、病気にかかっている部分を取り除きます。

 

 

ajisai06

アジサイは、高温多湿、急な乾燥が苦手です

 

 

3.茎葉、花に被害のある病気は?

 

・葉腐病
葉や花に茶色の病変ができ、縮れてしまいます。
リゾクトニア菌による感染で、高温多湿の環境で起こりやすくなります。
病気にかかったら、すぐに枝を短く切り詰めます。

 

4.葉やがくに被害のある病気は?

 

・灰色かび病
葉やがくが腐ったように溶け、灰色のカビが発生します。
低温多湿の環境で発生しやすくなります。

 

春先に雨や曇りの日で肌寒い日が続くときは要注意です。
夏になり高温になると被害の発生は少なくなります。

 

病気が発生した部分とこまめに取り除きます。
株の風通しを良くしておくと、病気が発生しにくくなります。

 

鉢植えであれば、春先に天候不順が続くときは、
雨が当たらないように軒先などに鉢を移動します。

 

5.株全体に被害のある病気は?

 

・ウイルス病
アジサイの葉や茎など株のいたるところに、
モザイク状のまだら模様ができ、株全体が委縮します。

 

アブラムシが媒介することが多い病気です。
アブラムシの発生を予防することも大切ですが、
ウイルスはわずかな傷からも発生します。

 

感染した株は、抜き取って処分します。

 

・葉化病
ファイトプラズマという病原菌に感染しておこる病気です。
感染すると、花が緑色になってしまいます。

 

しかし、花の形は保たれ、一見すると緑色のアジサイに見えるため、
新種のヤマアジサイだと間違えられたこともあります。

 

株が弱り、枯れてしまう可能性もある病気です。
感染した株は、抜き取って処分します。

>>アジサイ 苗の販売

 

タグ : 

アジサイの病虫害