アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

アジサイの育て方 秋

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


noriutugi2

ノリウツギ、9月9日

 

 

秋になるとアジサイの花の時期も終わり、淋しさを感じます。
株にとっては、来年の準備を進める大切な時期でもあります。


 

タグ :  

アジサイ栽培 春夏秋冬

アジサイの育て方 冬

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


ajisai03

アジサイは11月~2月までの間は休眠期に入ります

 

 

アジサイは冬になると落葉し、枯れたような姿になります。
しかし、内部ではゆっくりと花芽が作られ、春に芽を出す準備をしています。 

 


 

タグ :  

アジサイ栽培 春夏秋冬

アジサイの育て方 夏

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


gakuajisai

ガクアジサイが咲いています

 

 

アジサイは梅雨から夏にかけて、美しい花を咲かせます。
最も開花が早いヤマアジサイから始まって、
ガクアジサイ、ノリウツギ、タマアジサイと次々と花を咲かせていきます。

 

 

[アジサイの育て方 夏]

 

 

■夏のアジサイの様子

 

6月の梅雨の時期は、水分を多く必要とする、
アジサイにとってはとても過ごしやすい時期です。

 

しかし、梅雨が明け、一気に気温が上がると、
アジサイは急激に苛酷な状況の置かれます。

 

水切れや高温による被害に注意が必要です。
また、花が終わると、来年の花のための剪定や、追肥が必要です。

 

 

■夏の作業

 

・挿し木
花が咲き終わった後は、挿し木で増やすことができます。
ただし、8月は気温が高すぎ、乾燥しやすくなるので避けたほうがよいでしょう。

 

アジサイの挿し木は、5月~7月か、9月に行います。
この時期の挿し木は、今年新しく伸びた、葉のついている芽を使います。

 

新しく伸びた枝を1~2節で切り、葉を1/3に切り取ります。
水をいれたコップなどに刺し、1時間ほど給水させます。

 

 

ajisai-sasiki

駄温鉢に鹿沼土や赤玉土を敷き、湿らせておきます。
給水させた土に挿し、水切れに注意しながら明るい日陰に1か月ほど置きます。

 

1か月すると発根します。発根したら日当たりのよいところで育てます。
>>アジサイ 挿し木の仕方

 

・とり木
地面が湿っている6月がとり木には最も適しています。
節を針金で縛り、枝を曲げて針金などで地面に固定します。
その上から、土をかぶせておきます。

2週間ほどで発根します。
そのまま半年ほど置いておき、切り離して植え替えます。
確実にたくさんの株を増やしたいときにおすすめの方法です。

 

・剪定
アジサイの花が咲き終わったら、剪定を行います。
花から2節下を切り取ります。

 

剪定を行うと新しい枝が伸び、秋に花芽が付きます。
翌年にきれいな花を咲かせるために、花後の剪定はとても大切な作業です。

 

剪定を行う時期も重要で、遅くても7月末までには剪定を終わらせます。
剪定の時期が遅くなると、花芽を作る時期までに新梢が充分に伸びず、
花芽ができなくなってしまいます。
>>アジサイの剪定方法

 

 

kasiwabaajisai

カシワバアジサイも開花します

 

 

■栽培管理

 

●鉢植え
・置き場所 

花が咲いてからは、日陰でも構いませんが、
色の濃い花は、日が当たらないと花色が濃くなりません。

 

鉢の置き場所は、半日ほど日の当たる場所や、
木漏れ日が当たるくらいの場所が最も適しています。

 

梅雨が明けて、真夏の強い日差しが当たるようであれば、
日陰に移動したり、よしずなどを使って遮光します。

あまり日当たりが良すぎると、葉が日焼けを起こしてしまいます。

 

・水やり
梅雨が明けると一気に乾燥します。
真夏の時期は、朝と夕の2回水やりが必要です。
土を触って、乾燥の状態を確かめて調節しましょう。

 

・肥料
花後の剪定を行った後、発酵油かすの固形肥料を施します。

 

●地植え
・水やり 

基本的には、自然に降る雨水にまかせます。
真夏に、あまりにも葉がしおれているようなときは、水やりを行います。

 

ただ、定期的に水を与えていると、水やりを期待して給水する力が弱くなり、
かえって水切れに弱い株になってしまいます。

 

・肥料
花が終わったら、剪定の後に発酵油かすを施します。

 

 

■病害虫

アブラムシ、ハダニ、コウモリガの幼虫に注意が必要です。
うどんこ病や、たん素病も発生しやすくなります。
株を観察し、早めの対処が必要です。

 

■注意したいこと
・梅雨が明けると乾燥しやすくなります。水切れに注意が必要です。
・日差しが強すぎると、葉が日焼けを起こすので、日よけが必要になります。
・花が終わったら、花後の剪定と、お礼肥を与えます。
・病害虫が発生しやすくなるので注意が必要です。 

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ :  

アジサイ栽培 春夏秋冬

アジサイの育て方 春

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


ajisai11

3月12日のアジサイの苗

 

 

アジサイは春になると、新芽を出して、
その後勢いよく葉が展開していきます。

 

気温が上がるにつれて、花芽が膨らんでいき、開花の準備をします。

 

アジサイの春の世話は、休眠期から目覚めて間もないころと、
花芽が膨らんできた頃とでは、全く違ってきます。

 

間違った時期に作業すると株を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

[アジサイの育て方 春]

 

 

■春のアジサイの様子

 

アジサイは3月になると休眠から目覚めて、
新芽が展開し、勢いよく生長していきます。

 

5月になると、花の咲いた鉢が出荷されます。
花を確認して購入するのに最も適した時期です。

 

店頭に売られている花は、温室で育て、開花を早めたものです。
家で育てているアジサイは、4月~5月に開花の準備を進めて行きます。
開花時期の早いものであれば、5月から花が咲き始めます。

 

 

ajisai05.30

上の画像の苗が、5月30日には、美しく立派に

 

 

■春の作業

 

・挿し木
3月は休眠枝ざしに適した時期です。
鹿沼土や赤玉土を入れた駄温鉢に、2節位で切った枝を挿し、
日当たりのよい場所に置いておきます。

 

水を切らさないように注意が必要です。
3か月くらいで発根します。

 

・株分け
アジサイの株分けは、11月~3月の休眠期に行います。
寒冷地では、3月が株分けに最も適した時期です。

 

大きく育ちすぎた株の根元を掘り上げ、鋸で根を半分に切ります。
アジサイはとても大きく育つので、株分けを行うと株を小さく保つことができます。

 

 

ajisai03.21 (2)

どんどん新芽を展開していきます

 

 

・植え替えや植え付け
3月は根詰まりを起こした鉢植えの植え替えや、
鉢植えを地植えに植え替えるのに適した時期です。

 

鉢植えのアジサイは、2年に1度は植え替えを行わないと、
根詰まりをおこして給水が悪くなります。

 

植え替えは、一回り大きな鉢に植え替えます。
鉢底に小石を敷き詰め、赤玉土に腐葉土を7:3の割合で混ぜた用土をいれます。

 

株を引き抜いたら、根鉢を一周ぐるりと崩し、鉢に入れ、
用土を入れてしっかりと土を押さえます。

 

植え付けを行うときは、広くて明るい日陰を選びます。
根鉢よりもひと回り大きな穴を掘り、
掘り上げた土の3割ほどの腐葉土を穴に入れ、そこの土と混ぜます。

 

根鉢を一回り崩して穴に入れ、根の周囲に土を戻します。
植え替えや植え付けを行った後は、しっかりと水を与えます。
>>アジサイの植え替え

 

・4月と5月の作業
3月はこれらの作業を行うのに適した時期ですが、
4月を過ぎると、水やり以外の作業は行わないようにします。
花芽が膨らみ、葉が伸びて行く時期は、株がとてもデリケートになっているためです。

 

 

■栽培管理

 

●鉢植え
・置き場所 

春のアジサイは、日の光をとても必要とします。
日当たりの悪いところで育てると、枝が細く、ひ弱になってしまい、最悪の場合は枯れてしまいます。
花色がよくなるためにも、新梢が展開し、花芽が発達する時期はしっかりと日光に当てるようにしましょう。

 

・水やり
新芽が展開し始めると、休眠期よりも水分を多く必要とします。
鉢の土をよく観察し、乾いていたら、鉢底から流れるくらいたっぷりと水を与えます。

 

・肥料
アジサイの寒肥は、12月~2月に与え、3月以降は、花が咲き終わるまで肥料は与えません。

 

●地植え
・水やり

地植えでは、水やりは特に必要とはしません。
自然に降る雨で水分は十分です。

 

・肥料
鉢植えと同様に、春は肥料を与えません。

 

■注意したいこと
・挿し木や植え替えなどの作業は、3月に行います。
・4月以降は、株がデリケートになっているので、水やり以外の作業は控えます。
・鉢は日当たりのよい場所に移動しましょう。
・水切れに注意しましょう。 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方

 

タグ :  

アジサイ栽培 春夏秋冬