アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

紅(くれない)

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


kurenai004

紅(くれない)というヤマアジサイの品種が人気です

 

 

ヤマアジサイといえば、一般的なアジサイに比べて、
全体的に小さく、可憐で清楚な雰囲気をイメージします。

 

そのため、青系や白系の花を想像することも多いのですが、
こちらは名前の通り赤い花を咲かせます。

 

人気の紅とはどのようなヤマアジサイなのか、詳しくご紹介します。

 

 

[紅(くれない)]

 

 

■紅の特徴

 

紅の花は中心に両性花が集まって咲き、
その周りにぽつぽつと装飾花が咲きます。
ヤマアジサイらしく、花房自体はあまり大きくありません。

 

装飾花も大きくはなく、一重咲きで花弁も3枚~4枚なのであっさりとした花型です。
名前の通り、赤い花は咲きますが、最初から赤い花が咲くわけではありません。

 

まだ小さな蕾の時は、両性花も装飾花も黄緑色をしています。
その後開花が始まると、両性花も装飾花も白い花が咲きます。

 

どちらも絶対に真っ白な花が咲くわけではなく、
個体差で白に薄くピンクがにじんだようになることもあります。

 

真っ白な状態もキレイですが、ピンクがにじんだような色合いも素敵です。
そこから咲き進むにつれ、装飾花が白から赤に変化していきます。

 

紅の花が白から赤に変わるのは、
花びらが太陽の光に当たるからだと言われています。

 

そのためか、装飾花全体がきっちり赤くなるわけではなく、
花弁がほんの少し重なっている部分や、花の中心は色が薄くなることもあります。

 

両性花は白い色を保つこともありますが、
表面が濃いピンクに変わることもあります。

 

株や環境によっては、白い色と濃いピンクになるものが、
花房によって変わることもあります。

 

蕾の時にはぎゅっと集まっていた花も、咲き進むにつれ散っていきます。
両性花も密になるということがないのですが、
小さな白い火花が散っているように見えて美しいですし、
適度に隙間ができることで、見るものに涼感を与えてくれます。

 

花色が濃い赤になり、ヤマアジサイらしからぬ派手な印象になりそうですが、
花の数が多くないのも手伝って、下品な派手さになることがありません。

 

株によって、花房によって、その年によって、
少しずつ表情を変えてくれるので、何年でも飽きることがありません。

 

ヤマアジサイなので、枝も細く葉も小さいです。
枝が細くても、花房自体があまり大きくない上に、
装飾花の数も多くないので重くなりにくく、倒れることもあまりありません。

 

 

kurenai003

派手な色ですが上品です

 

 

■紅の育て方のポイント

 

一般的なアジサイと同じような育て方で問題ありません。
紅は土の酸性度によって色が変わることがないので、用土も特に選びません。

 

鉢植えで育てる場合、水切れしやすくなることがあるので、
用土に水もちの良いものを選び、水切れしないよう水の管理に注意します。

 

年間を通して半日陰でもよく育ちますが、
冬~春にかけて日当たりの良い場所で育てると、さらに花付きが良くなります。

 

夏は午後から日陰になる半日陰の場所で、
風通しの良いところを選ぶのがポイントです。
涼しい場所を選んで育てると、水切れを予防することにもつながります。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ : 

アジサイの種類

カシワバアジサイの剪定方法

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


kasiwabaajisai

カシワバアジサイは花の時期が長いのが特徴です

 

 

しかし、適切な時期に剪定を行わないと、翌年の花を楽しむことができません。

カシワバアジサイの剪定はいつどのように行えばよいでしょう。

 

 

■カシワバアジサイの剪定方法

 

1.樹形を整えるための剪定
カシワバアジサイを苗木を植えたまま放任していると、
枝分かれせずに長い枝が伸びていきます。

 

花や葉が大きいため、枝だけがひょろっとした印象になり、樹形が整いません。
そのため、苗木を植えた年に樹形を整えるための剪定を行います。

 

アジサイは、11月ごろになったら落葉期を迎えます。
葉が落ちた後、全ての枝を根元でバッサリと切り落としてしまいます。

 

そうすると、翌年に根元からたくさんの枝が出てボリュームのある樹形に仕上がります。
一度樹形が整ったら、それ以降は花後の剪定と休眠期の剪定を行うだけで充分です。

 

2.花後の剪定
カシワバアジサイは剪定を行わないと、長い間花を楽しむことができます。
花は咲き進むとピンク色や緑色に変化していき、とても見事です。

 

長く花を楽しみたいのですが、花が咲き終わる前に剪定を行わなければ、
翌年の花芽を作ることができなくなります。

 

花後の剪定は、惜しいのですが7月下旬までに行います。
他のアジサイと同様に、花の2節下を切り取ります。

>>アジサイの剪定方法

 

切り取ったすぐ下の葉の根元から新しい芽が出てきます。
その芽が秋までに充実した枝となり、先端に花芽ができるのです。

 

 

kasiwabaajisai010

アップで見ても美しいカシワバアジサイ

 

 

3.休眠期の剪定
カシワバアジサイは休眠期の剪定が必ず必要なわけではありません。
ただ、枝が混み合って風通しが悪くなると、病害虫の発生の原因になります。

 

アジサイの花芽は枝の先端についています。
枝の先端が円錐状に丸くなっているものは、
花芽の付いた枝なので、切り落とさないようにします。
それ以外の枝で、細い枝や枯れた枝、込み入っている枝を根元から切り落とします。

 

4.花を長く楽しむための剪定方法
翌年の花も楽しみたいのですが、
庭先のカシワバアジサイの花をできるだけ長く楽しみたいものです。

 

地植えで、たくさんの花をつけるほど成長した株であれば、
花後の剪定を半分だけ行うもの一つの方法です。

 

翌年に咲く花は少なくなってしまいますが、
残った花を最後まで楽しむことができます。

 

カシワバアジサイは移ろう花色も美しい花です。
また、最後まで咲き終わった花をドライフラワーにするのも素敵です。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ : 

アジサイの剪定方法

人気の記事