アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

こんぺいとう

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


konpeitou

「こんぺいとう」という名の愛らしいガクアジサイが人気です C)千草園芸

 

 

八重の装飾花が美しく、花色もはっきりとしているため、
西洋アジサイと間違われることがありますが、実は違います。

 

こちらの品種は、静岡県にある加茂花菖蒲園で、
交配・作出されたオリジナルのアジサイです。

 

加茂花菖蒲園で栽培されている紫式部という品種と、
同じく加茂花菖蒲園にて栽培されている八重咲き品種とを、
かけ合わせてできたのが、このこんぺいとうです。

 

色がはっきりとしていて華やかさもありながら、
かわいらしさも兼ね備えています。

 

 

[こんぺいとう]

 

 

■こんぺいとうの特徴

 

花は中央に小花が固まって咲き、その外側に装飾花がつきます。
装飾花は花弁が10枚ほどの八重咲きで、中央の小花より大きく目立ちます。

 

装飾花の軸がやや短めのため、隅田の花火のように広がるようには咲かず、
小花と一緒にまとまって咲きます。

 

そのため、小花の周りに花冠をつけたようなかわいらしさがあります。
色はピンクと青ですが、花びらには白い覆輪がつきます。

 

中央の小花に覆輪はありませんが、土が酸性かアルカリ性かによって、
装飾花と同じようにピンクや青(紫)に変化します。

 

青が比較的強く出るため、男性へのプレゼントにも人気があるようです。
覆輪はしっかりと入る上に、色付きの部分との境目がぼやけるため、
グラデーションのようになるのも魅力的です。

 

覆輪の幅や色の濃淡は、栽培環境や開花具合によって変わります。

 

葉はアジサイらしい、縁にぎざぎざが入っている葉です。
色は少し薄め~緑色ですが、かわいらしい花色とよく合います。

 

枝は比較的しっかりしているため、
開花期になっても折れ曲がることはほとんどありません。

 

 

■こんぺいとうの育て方のポイント

 

植え付け方や追肥、剪定の方法は基本のアジサイの育て方とほぼ同じです。
花色をはっきり出すためには、日光に当てる必要があります。

 

晩秋~冬の間は日当たりの良い場所に置き、
春~開花までは午前中に日の当たる半日陰に置きます。

 

夏の強い日光が苦手なので、夏の間は明るい日陰など、
涼しい場所で管理すると、花色もよく出て株も傷みません。

 

花色のピンクと青は、土がアルカリ性か酸性かで変わります。
青は完全な青にはなりませんが、酸性を強くすると青の強い紫になり、
酸性が弱まると紫が強くなります。

 

アルカリ性にすればピンク色にできます。
ピンクにする場合も、アルカリ性の強弱により、花色が少し薄くなることがあります。

>>アジサイの花色

 

自分好みの色に仕上げるためには、
地植えよりも鉢植えの方が、酸度管理がしやすいのでお勧めです。

 

鉢植えの方が管理がしやすいですが、もちろん地植えで育てることも可能です。
地植えでは土が弱酸性になりやすいため、ピンクよりも青に傾くことが多くなります。

 

ピンク色にしたい場合は、植え付ける時に植え付け場所の土を掘り上げ、
アルカリ性のアジサイ用培養土を入れて植え付けます。

 

また、追肥をする時も、赤色になるためのアジサイ用肥料を与えるようにすると、
ピンク色になりやすくなります。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイの剪定方法
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :

アジサイの種類

コンペイトウの育て方

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


konpeto-ajisai

コンペイトウ アジサイ、人気です

 

 

コンペイトウ アジサイは、静岡県掛川市の加茂花菖蒲園で、
品種改良されたアジサイです。

 

八重咲きのガクアジサイで、白い縁取りが可愛らしい花です。

 

 

[コンペイトウの育て方]

 

 

■鉢植えでの栽培

 

・用土
コンペイトウは、土壌の酸性度によって、
花の色を変えることができます。

 

アルカリ性の土壌では、きれいなピンク色を咲かせることができ、
酸性の土壌では、青色の花を咲かせることができます。

 

特に鉢植えでは好みの花色に仕立てやすくなります。

 

ピンク色の花色に育てたいのであれば、
赤玉土:腐葉土:パーミキュライトを4:4:2で配合します。

 

青色の花を咲かせたいのであれば、
赤玉土:ピートモス:パーミキュライトを4:4:2の割合で配合します。

 

・鉢の置き場所
鉢は、日当たりのよい日陰に置きます。
室内であれば、午前中にしっかりと日が当たる場所がよいでしょう。

 

日が当たらないと、花の発色が悪くなり、花付きも悪くなります。
屋外で育てるのであれば、春から初夏と秋は日当たりのよい場所、
夏は直射日光を避ける場所に置き、冬は風が当たらない場所に置きます。

 

・肥料
ピンク色の花を咲かせたいときは、
骨粉や魚粉の混ざった油かすを施します。

 

青色の花を咲かせたいときは、
骨粉などが混ざらない固形の発酵油かすを施します。

 

肥料は、12月~2月上旬に寒肥を6号鉢で20g、数回に分けて施します。
花が咲き終わったら剪定を行った後に追肥を寒肥よりも控えめに施します。

・水やり
鉢の土をよく観察し、
乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷりの水を与えます。
受け皿には水をためないようにします。

 

・剪定
花が咲き終わったら剪定を行います。
花の2節下を剪定ばさみで切り取ります。

 

花後の剪定は、遅くても7月下旬までに行います。
剪定が遅くなると、次の年に花を咲かせることができなくなります。
>>アジサイの剪定方法

 

 

hanabi

こちらも、ガクアジサイで人気の花火

 

 

■庭植えでの栽培

 

・用土
コンペイトウは丈夫で、庭植えにも適しています。
コンペイトウは土壌の酸性度によって花色を変えることができます。

 

庭植えでは雨やもともとの土壌成分の影響で、
思い通りの花色に咲かないこともあります。

 

日本の土壌は酸性に傾きやすいので、青色の花になりやすいでしょう。

ピンク系統の花にしたいときは、土壌に腐葉土を混ぜます。
青色の花にしたいときは、ピートモスを混ぜておきます。

 

・植え場所
コンペイトウはヤマアジサイよりも大きく育ちます。
栽培スペースは大きめに取りましょう。

 

日中の何時間化は日が当たるような場所で、
風が直接当たらないところがよいでしょう。

 

・肥料
ピンク系統の花を咲かせたいのであれば、
骨粉や魚粉の混ざった油かすを与えます。

 

青系統の花を咲かせたいときは、発酵油かすを施します。

12月~2月上旬までに寒肥として100g程度を株もとに施します。
花後の追肥は必要ありません。

 

・水やり
植え付け後、根付くまではしっかりと水を与えます。
根付いてからは、特に水やりは必要ありません。

 

真夏の時期にあまりにも乾燥し、
葉がしおれてしまうようであれば水を与えます。

 

・剪定
花が終わったら剪定を行います。
花の2節下を切り取ります。
剪定は、7月下旬までに行います。

 

■参考

・アジサイ 小さく保つには?

・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ : 

アジサイの育て方