アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

霧島の恵の育て方

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


霧島の恵 C)千草園芸

 

 

霧島の恵は、一般的なアジサイとは違った性質を持っているため、
非常に人気が高まっている品種です。

 

一般的なアジサイなら、初夏頃に花期を迎え、
花ガラを切った後は、枝葉のみになります。

 

ところが、霧島の恵は花ガラを切った後も、新しい枝が伸び、
その先にまた花を咲かせるのです。

 

少し一般のアジサイと違った性質を持っているので、
育てるのが難しそうですが、手順を覚えれば難しいことは何もありません。

 

霧島の恵の詳しい育て方を、ご紹介します。

 

 

[霧島の恵の育て方]

 

 

■鉢植えでの栽培

 

・用土
霧島の恵も、一般のアジサイと同じように、土の酸性によって花色が変化します。
アルカリ性の土ならピンクに、酸性なら青色になります。

 

花色によって、用土を変える必要があるので、
使う用土を選ぶ際には、アジサイ用の用土を使うのがお勧めです。

 

アジサイ用の用土の中には、青い花用や赤い花用という風に、
最初から咲かせたい花色に合わせて、酸度を調整してくれています。

 

・鉢の大きさ
根がいっぱいになってくると、土が乾きやすくなり、生育も悪くなります。
少し大きめの鉢を選ぶようにします。

 

鉢花を購入するか、苗を購入するかによって、
最初に植え付ける鉢のサイズが異なります。

いずれにせよ、根鉢の一回りか二回り大きい鉢に植え付けるのが良いでしょう。

 

特に鉢花として購入したものは、地上部のサイズに比べて、
鉢が小さいことが多いです。

 

よく見ると、根が地表に浮いているケースも多いので、水切れしやすくなっています。
花が終わったら、剪定と一緒に鉢増しをしましょう。

 

苗で購入したものも、できるだけ早いタイミングで植え付けを行い、
水切れしないように管理します。

 

・鉢の置き場所
霧島の恵は、日向~半日陰まで、
広い範囲の場所で育てることが可能です。

 

日照時間が短い場所では、花数や枝の発生数が減ることがありますが、
よほど暗い場所でなければ、
日照不足によって枯れることはほとんどありません。

 

できるだけ風通しの良い場所に置き、
涼しい環境を作ると、花もちが良くなります。

 

日向でも育てられる品種ですが、
鉢栽培では真夏に水切れを起こしやすくなります。

 

真夏の間だけ、午後から日陰になるような場所に移動させることで、
過度な乾燥を防ぐことができます。

 

・肥料
霧島の恵に与える肥料は、花後の追肥が基本となります。
花ガラを切った後、置き肥を与えるか、
1週間に1回のペースで液体肥料を与えます。

 

植え替えを行った場合は、
使用する用土に元肥が含まれていれば、追肥は不要となります。

 

秋に花が咲き終わり、気温が下がってきたら、最後の置き肥を与えます。
その後、春に芽吹いて花が咲くまでは、追肥は不要です。

 

・水やり
鉢土が乾いたら、たっぷりと与えます。
土が乾燥すると、葉が萎れて傷んだり、
根が弱ることがあるので、水切れには注意します。

 

 

霧島の恵 C)園芸ネットプラス

 

 

・剪定
霧島の恵は、新枝咲きの性質を持ったアジサイです。
花ガラを切った後、新しい枝を伸ばし始め、その先端にまた花芽をつけます。

 

そのため、春~秋までの間に、何度も花を咲かせることができます。
ただし、枝をどれくらい切り戻すかによって、
次に咲く花の時期や大きさ、数が変わります。

 

ばっさりと切り戻し、たくさんの花を年に2回咲かせる方法と、
こまめに花ガラを切って、次々と花を咲かせる方法です。

 

年2回咲かせる方法は、とても簡単です。
6月頃の花が終わった後、株元から3cmほどのところで、ばっさりと切ります。
すると、株元から新しい枝が伸びてきて、秋にまたたくさんの花を咲かせます。

 

ばっさりと切り戻すため、花も大きめで見応えがありますし、
株もコンパクトにまとめやすいです。

 

次々と咲かせたい場合は、6月に花が咲いた後、
花色が悪くなってきたら、花のすぐ下で切って花ガラを取り除きます。

その後、また枝が少し伸びて、先端に花が咲きます。

 

花ガラを切って咲かせると繰り返すので、年に何回か繰り返し咲きます。

花が小ぶりになりやすく、枝も長く伸びやすいので、
株全体が大きくなりやすいです。

 

どちらの剪定法で育てる場合であっても、
秋の最後に咲いた花は、秋色になるまで置いておくことができます。

 

通常の花色が少し褪せて、独特の花色になる秋色アジサイは、
なんともいえない美しさがあります。

 

秋色アジサイになった後は、株元までばっさりと切り戻し、
翌年の芽吹きを待ちます。

 

 

■庭植えでの栽培

 

・用土
水はけを水もちの良い、一般のアジサイと同じ用土で育てます。
土の酸度によって花色が異なるので、
咲かせたい色が決まっている場合は、酸度調整を行います。

 

・植え場所
鉢植えと同様に、日向~半日陰で育てることができます。
風通しの良い場所の方が、花や葉が傷みにくく、
病害虫も出にくいのでお勧めです。

 

地植えは鉢植えよりも水切れしにくいことが多いので、
真夏でも日当たりの良い場所で構いません。

 

ただ、乾燥が少し気になる場合は、午後から日陰になるように、
寒冷紗や遮光ネットを使って、日陰を作っておくと良いでしょう。

 

・肥料
庭植えにして育てる場合も、鉢栽培と肥料の与え方は同じです。
6月に花ガラを切った後、置き肥か1週間に1回の液体肥料を与えます。

秋に気温が下がってきた頃、最後の花ガラを切った後、置き肥を与えておきます。

 

・水やり
どのような土で育てている場合でも、
土と株の状態を見ながら、必要な時に水を与えます。

 

地上部に枝葉がよく茂っている時は、
水分をよく吸うので、土も乾きやすいです。

 

けれど、地上部をばっさりと剪定した後は、
葉も減って蒸散量が減るので、土も乾きにくくなります。

 

土の乾き具合によって、土が乾きやすいかどうかも変化するので、
乾いていると感じた時に、与えるようにします。

無理にたくさんの水を与えると、根が窒息して根腐れを起こします。

 

・剪定
剪定方法は、鉢栽培と同じです。
咲かせたい時期や花の大きさ、育てたい株の大きさによって、
剪定のタイミングや強さを変えてください。

 

新枝咲きの品種なので、落葉した後も芽吹くまでの間に、自由に剪定できます。

 

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイの剪定方法
・アジサイの肥料は?
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ : 

アジサイの育て方

万華鏡の育て方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


人気抜群の万華鏡 C)パーフェクト・グリーン

 

 

万華鏡は、美しく精巧な作りをした花形で、小花がぎゅっと集まった花房も愛らしく、
プレゼント用にも人気がある品種です

 

繊細な花形同様、性質も少し気難しいところがあります。
けれど、アジサイ初心者の方でも、注意して管理すれば問題ありません。

中級者以上の方でもチャレンジしがいのある品種となっています。

 

アジサイの万華鏡の育て方をわかりやすくご紹介しましょう。


 

タグ : 

アジサイの育て方

アジサイの育て方 6月

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


yamaajisai

6月初旬に開花するヤマアジサイ

 

 

アジサイは、6月に入ると次々に花を咲かせます。

アジサイの花を育てていると、ほんとうに待ち遠しい季節です。
花の盛りは作業も多くて忙しいのですが楽しい時期ですね。

アジサイの6月の育て方を分かりやすくご紹介します。


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

アジサイの育て方 5月

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


gakuutugi
5月最初に咲き出すアジサイ、ガクウツギ

 

 

アジサイの蕾は5月になると、どんどん膨らみ始めます。
園芸店にも鉢植えのアジサイがたくさん並んでいますね。

 

アジサイの育て方、5月はどのようしたらよいでしょう?


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

アジサイの育て方 4月

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


ajisai2
花芽のついているアジサイもあります(4.27. 東京都)

 

 

アジサイは4月になると園芸店にもたくさん並び始めます。
4月の庭のアジサイや購入した鉢植えのアジサイは、
どのように育てればよいのでしょうか?


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

アジサイの育て方 春

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


ajisai11

3月12日のアジサイの苗

 

 

アジサイは春になると、新芽を出して、
その後勢いよく葉が展開していきます。

 

気温が上がるにつれて、花芽が膨らんでいき、開花の準備をします。

 

アジサイの春の世話は、休眠期から目覚めて間もないころと、
花芽が膨らんできた頃とでは、全く違ってきます。

 

間違った時期に作業すると株を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

[アジサイの育て方 春]

 

 

■春のアジサイの様子

 

アジサイは3月になると休眠から目覚めて、
新芽が展開し、勢いよく生長していきます。

 

5月になると、花の咲いた鉢が出荷されます。
花を確認して購入するのに最も適した時期です。

 

店頭に売られている花は、温室で育て、開花を早めたものです。
家で育てているアジサイは、4月~5月に開花の準備を進めて行きます。
開花時期の早いものであれば、5月から花が咲き始めます。

 

 

ajisai05.30

上の画像の苗が、5月30日には、美しく立派に

 

 

■春の作業

 

・挿し木
3月は休眠枝ざしに適した時期です。
鹿沼土や赤玉土を入れた駄温鉢に、2節位で切った枝を挿し、
日当たりのよい場所に置いておきます。

 

水を切らさないように注意が必要です。
3か月くらいで発根します。

 

・株分け
アジサイの株分けは、11月~3月の休眠期に行います。
寒冷地では、3月が株分けに最も適した時期です。

 

大きく育ちすぎた株の根元を掘り上げ、鋸で根を半分に切ります。
アジサイはとても大きく育つので、株分けを行うと株を小さく保つことができます。

 

 

ajisai03.21 (2)

どんどん新芽を展開していきます

 

 

・植え替えや植え付け
3月は根詰まりを起こした鉢植えの植え替えや、
鉢植えを地植えに植え替えるのに適した時期です。

 

鉢植えのアジサイは、2年に1度は植え替えを行わないと、
根詰まりをおこして給水が悪くなります。

 

植え替えは、一回り大きな鉢に植え替えます。
鉢底に小石を敷き詰め、赤玉土に腐葉土を7:3の割合で混ぜた用土をいれます。

 

株を引き抜いたら、根鉢を一周ぐるりと崩し、鉢に入れ、
用土を入れてしっかりと土を押さえます。

 

植え付けを行うときは、広くて明るい日陰を選びます。
根鉢よりもひと回り大きな穴を掘り、
掘り上げた土の3割ほどの腐葉土を穴に入れ、そこの土と混ぜます。

 

根鉢を一回り崩して穴に入れ、根の周囲に土を戻します。
植え替えや植え付けを行った後は、しっかりと水を与えます。
>>アジサイの植え替え

 

・4月と5月の作業
3月はこれらの作業を行うのに適した時期ですが、
4月を過ぎると、水やり以外の作業は行わないようにします。
花芽が膨らみ、葉が伸びて行く時期は、株がとてもデリケートになっているためです。

 

 

■栽培管理

 

●鉢植え
・置き場所 

春のアジサイは、日の光をとても必要とします。
日当たりの悪いところで育てると、枝が細く、ひ弱になってしまい、最悪の場合は枯れてしまいます。
花色がよくなるためにも、新梢が展開し、花芽が発達する時期はしっかりと日光に当てるようにしましょう。

 

・水やり
新芽が展開し始めると、休眠期よりも水分を多く必要とします。
鉢の土をよく観察し、乾いていたら、鉢底から流れるくらいたっぷりと水を与えます。

 

・肥料
アジサイの寒肥は、12月~2月に与え、3月以降は、花が咲き終わるまで肥料は与えません。

 

●地植え
・水やり

地植えでは、水やりは特に必要とはしません。
自然に降る雨で水分は十分です。

 

・肥料
鉢植えと同様に、春は肥料を与えません。

 

■注意したいこと
・挿し木や植え替えなどの作業は、3月に行います。
・4月以降は、株がデリケートになっているので、水やり以外の作業は控えます。
・鉢は日当たりのよい場所に移動しましょう。
・水切れに注意しましょう。 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方

 

タグ :  

アジサイ栽培 春夏秋冬

アジサイの育て方 3月

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai03.21 (1)

3月21日の地植えのアジサイ

 

 

アジサイは3月になると新芽を出し、勢いよく葉が展開し始めます。
3月はアジサイの管理では、多くの作業があります。

しっかり手入れすると、より美しい花を咲かせてくれます。


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

アジサイの育て方 2月

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai60

アジサイは2月には葉もなく、枯れているように見えます

しかし、微かに聞こえる春の訪れを待ちながら、
木の内部では春の準備を始めています。

 

冬季に行き届いた世話をすると開花が良くなります。

2月のアジサイの栽培管理はどのようにすればよいのでしょうか?


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

アジサイの育て方 1月

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai003

アジサイは冬は枯れたように見えます
しかし、じっと寒さに耐えながら、春の訪れを待っています

 

 

暖かくなって元気に新芽を吹き出すように、
1月のアジサイの世話と気をつけたいことをご紹介します。


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月

アジサイの育て方 12月

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai002

アジサイは12月になると完全に落葉してしまいます

 

 

12月、これから本格的な寒い冬の時期を迎えますが、
アジサイは、どのように栽培管理するとよいのでしょう?

 


 

タグ :  

アジサイ栽培 12ヶ月