アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

アジサイ 梅雨の育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


aiti

アジサイ、梅雨の時期にとくに美しい花です

 

 

アジサイは、降り続く雨に打たれても、美しい色の花を咲かせるため、
1鉢だけでも庭にあると気分を明るくしてくれます。

 

そんな梅雨と縁のあるアジサイですが、
実際に育てるとなると、梅雨の時期に気を付けたいことがあります。

 

 

[アジサイ 梅雨の育て方]

 

 

■梅雨の時期に必要な作業

 

日本でも地域によっては、梅雨の時期が少しずれますが、
たいていは6月~7月が梅雨になります。

 

この時期は、アジサイの花期でもあり、
それとともに必要な作業がいくつかあります。

 

 

Annabelle002

人気のアナベル

 

 

・剪定
花が傷み始めたら、花ガラを摘むついでに剪定も行いましょう。

 

ほとんどの品種のアジサイが、夏の間に花芽を作るため、
夏以降に剪定をすると、翌年に開花する分の花芽を切ることになります。

 

花がキレイに咲いていて、全然傷んでいない場合であっても、
7月頃までには剪定を済ませておくようにしましょう。

 

秋色アジサイなど、秋まで花色の変化を楽しみたい場合は、
翌年の花を諦めるか、半分だけ剪定しておくのがお勧めです。

 

また、アナベルなど、春以降の新芽に花芽ができる品種もあります。
その場合は、無理に7月までに剪定を終わらせる必要はありません。
>>アジサイの剪定方法

 

・挿し木
梅雨の時期は、アジサイの挿し木が、しやすい時期です。
雨や曇りの日が多いので湿気が高く、発根しやすい環境が作りやすいです。

 

挿し穂は、花がつかなかった枝の先端を使います。
6月中旬頃までに挿せば、1ヶ月ほどで発根し鉢上げすることができます。

 

梅雨の間は湿気も高く、挿し木には適した季節ですが、
晴れ間に直射日光が当たると急激に乾燥することがあります。

 

挿し床は、明るい日陰か、午前中のごく短い間だけ日の当たる場所に置くと、
突然の晴れ間でも、急激な乾燥を防ぐことができます。
>>アジサイ 挿し木の仕方

 

 

ajisai-sasiki (3)

アジサイの挿し木は、比較的簡単です

 

 

■梅雨の時期に注意すること

 

梅雨といえば雨がつきものです。
雨が降ることで、気を付けておいた方が良いことや、
梅雨といっても晴れた時に注意しておくことがあります。

 

・枝の倒伏
今年買ったばかりの株であれば、株も小さく倒伏することはほとんどありません。
けれど何年も育てて大株になったものなどは、
花の数が増えるため、花の重みによって枝が倒れることがあります。

 

よほどのことがなければ、ぽきりと折れることはないのですが、
枝が倒伏して花が地面に近くなると、泥跳ねで汚れて傷みが早くなります。

 

特に雨が降った日は、花房が雨を含んで重くなるので注意が必要です。
花が咲いて重そうだなと感じたら、支柱を立ててあげましょう。

 

枝に沿えるように支柱を立てても良いですし、
あんどん支柱を使って支える方法もあります。

 

 

ajisai03

梅雨の晴れ間の水切れに注意します

 

 

・水切れ
梅雨といっても、ずーっと雨が降っているわけではありません。
さっきまで雨が降っていたのに、急に晴れることもあります。

 

突然の晴れ間の後、すぐにまた雨が降ったり曇れば問題ないのですが、
たまに晴れの日が続くこともあります。

 

梅雨の間だからとうっかりしていると、水切れを起こすことがあるので要注意です。
アジサイは少し湿った土を好む品種が多いので、水切れさせないようにします。

 

葉が萎れたようになったら、水切れを起こしています。
すぐに水を与え、できれば日の当たらない場所に移動させるのがベストです。

 

水を吸い上げることで、水切れが解消して葉が戻ることが多いですが、
水切れを何度も起こすと翌年に開花しないこともあるので注意してください。

 

 

ajisai02

山アジサイ

 

 

・日当たり
アジサイにはたくさんの品種があります。
それぞれに特性があり、好む環境も少しずつ違います。

 

日当たりの良い場所を好む品種、半日陰を好む品種、
明るい日陰程度でも問題ない品種と様々です。

 

雨続きだからと、半日陰を好む品種や、明るい日陰程度で十分な品種を、
日当たりの良い場所に置いていると、急に晴れた時に直射日光が当たり株が傷みます。

 

直射日光に当たっていることに気づかず、そのまま枯れることもあるので、
品種に合った日当たりで栽培することが大切です。

 

また、秋色アジサイなど、長期間花を楽しむタイプの品種の場合は、
開花中に直射日光を当てると、花の傷みが早くなることがあります。
>>秋色アジサイの育て方

 

この場合は、できるだけ明るい日陰のような、光の当たらない場所で育てるか、
花期の間だけ室内の明るい場所で管理すると、花が長持ちします。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :  

アジサイの育て方

アジサイ ベランダの育て方

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


ajisai001

アジサイは、昔から日本で親しまれている植物で、
梅雨の時期の花といえばアジサイを連想する方も多いでしょう。

 

 

アジサイにはたくさんの品種があり、花の色や雰囲気など様々です。
基本的には半日陰から日向を好む植物ですので、
ベランダのような半日陰になりやすい環境でも育てることができます。

 

また、コンパクトに育つ品種を選べば、鉢栽培も問題ありません。
ベランダでアジサイを育てる時のコツをご紹介します。

 

 

[アジサイ ベランダの育て方]

 

 

■日当たりと品種選び

 

アジサイには本当にたくさんの品種があります。

 

ガクアジサイと呼ばれる、装飾花が手まり状になって咲くものや、
山アジサイと呼ばれる少し小型のもの、
アナベルなど海外から入ってきたものなどがあります。

 

それぞれには特性があるので、少しずつ管理方法が異なります。
ガクアジサイと西洋の品種は日向を好むものが意外と多いですが、
半日陰程度の日照があれば問題がないことが多いです。

 

反対に山アジサイは、直射日光が一日中当たるような場所よりも、
午前中のみ日があたり、午後から日陰になる半日陰を好む品種が多いです。

 

直接日が当たらない場所でも、
一日を通して明るい日陰であれば育つ品種も多くあります。

 

育ていたい品種が特にないのであれば、
育てるベランダの環境に合った品種を選ぶのがお勧めです。

 

アジサイ自体は意外と強い植物で、
害虫もほとんどつかず丈夫で育てやすいです。

 

環境が合い、水切れなどを起こさなければ、簡単に育てることができます。
まずはベランダの日当たりの具合を確認し、環境に合った品種を選びます。

 

 

ajisai01

環境に合った好みのアジサイを育てるのは楽しいですね

 

 

■育て方

 

基本的な育て方は、アジサイを鉢植えで育てる時と同じです。
あとは環境に合った品種を選び、世話をしてあげるだけです。

剪定や追肥のタイミングは、品種によって少しだけ違う場合があるので、
育てたい品種の育て方をあらかじめ確認しておきましょう。

 

ガクアジサイとヤマアジサイの剪定は、基本的に同じです。
アナベルなどは、冬でも剪定が可能なので剪定の時期がずれます。

 

剪定の難易度としてはアナベルの方が簡単ですが、
大型になりやすいので鉢植えで育てるのは少し難しいことがあります。

 

また、鉢植えで育てる以上、植え替えが必要になります。
アジサイは地上部が大きくなるにつれ、根も生育して広がります。

 

根詰まりを起こすと、水切れも起こしやすくなるため、
1年~2年に1回は植え替えるようにしましょう。

 

 

ajisai002

根詰まりに気をつけて、1~2年で植え替えます

 

 

■風による乾燥に気をつける

 

アジサイは梅雨時期に咲いているイメージが強いことから、
じめじめとした環境を好むと思われることが多いですが、実はそうではありません。

 

確かに水切れに弱く、どちらかというと少し湿った土を好むことが多いです。
それは必要な水分を確保するためで、
風通しの悪いじめじめとした場所が好きなわけではありません。

 

風通しが悪くなると、害虫のあまり発生しないアジサイでも、
害虫の被害に合ったり、病気にかかることがあります。

 

とはいえ、ベランダでは時々強風が吹き抜けることがあります。
特に高層階のベランダになると、毎日強い風が吹くこともあります。

 

風が吹くと、鉢ごと倒れる心配もありますが、乾燥にも注意が必要です。
風がよく当たる場所に置いていると、
葉が風によって乾燥して焼けたようになることがあります。

 

自然に吹く風以外にも、エアコンの室外機の風も大敵です。
室外機の風は、熱気がこもっているため、さらに乾燥が早まります。

 

葉が乾燥によって傷むだけでなく、土の乾燥も早まります。
また、室外機の熱気で、鉢の中の温度が上がり、根を傷める原因にもなります。

 

ベランダでアジサイを育てる時は、
必ず室外機の風が当たらない場所に置くようにしましょう。

 

 

ajisai003

大きな花と葉なので水切れしやすいです

 

 

■水切れに注意

 

ベランダでアジサイを育てる時、
ベランダの環境で雨に当たる場合と当たらない場合があります。

 

いずれも、新芽が出る頃~秋頃までは、あまり乾燥させないようにします。
土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

雨が当たる場所で育てる場合は、雨水がかかる分、水やりの頻度が減ります。
夏場など、乾燥しやすい時期は気を抜くと水切れを起こすので、
土の状態はこまめにチェックするようにしましょう。

 

雨が当たらない場所で育てる場合は、当然ながら雨水がかかりません。
そのため、外は雨が降っていても、アジサイの土は乾いていることがあります。

 

特に生育期である新芽が伸びてきてからは、
気温も上がってくる上に、花も咲かせて葉の量も増えるので、
土が乾いていないかを毎日チェックしましょう。

 

落葉した後は、どちらの環境であっても、
乾燥気味になるように管理して問題ありません。

 

◎水切れを起こしたら
気づいたら葉がしんなりして、水切れを起こしていることがあります。
もちろん水切れを起こしている時は、すぐに水を与えるようにします。

 

ただ、土の上から水を与えるだけでは、
完全に乾燥した土に水が染み込まない場合があります。

 

土の水もちが悪くなっていると、隙間から水が流れ出るばかりで、
肝心の根に水が行き届きません。

 

そんな時はバケツに水を張り、その中に鉢ごとアジサイを浸けてしまいます。
枝葉の部分まで水に浸ける必要はありません。
鉢の部分が水に浸かればだいじょうぶです。

 

1時間ほど浸けていると、乾ききった土に水がじんわりと浸透し、湿っていきます。
しばらくしたら鉢をバケツから出し、余分な水を切っておきましょう。
余分な水が切れたら、鉢皿に乗せておきます。

 

バケツに浸して水やりをする時に、注意したいのが、日当たりです。
水切れを起こしている時に、一刻も早く水を与えたいですよね。

 

ところが、真夏の日中に水を与えると、蒸れてしまうことがあります。
その場合は、バケツに浸けるのも、出してからも、日陰に置くようにします。

 

日陰の涼しい場所であれば、蒸れずに養生することができます。
翌日、葉が戻って土も乾いていなければ、
いつもと同じ場所に戻して問題ありません。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :  

アジサイの育て方

アジサイの育て方 夏

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


gakuajisai

ガクアジサイが咲いています

 

 

アジサイは梅雨から夏にかけて、美しい花を咲かせます。
最も開花が早いヤマアジサイから始まって、
ガクアジサイ、ノリウツギ、タマアジサイと次々と花を咲かせていきます。

 

 

[アジサイの育て方 夏]

 

 

■夏のアジサイの様子

 

6月の梅雨の時期は、水分を多く必要とする、
アジサイにとってはとても過ごしやすい時期です。

 

しかし、梅雨が明け、一気に気温が上がると、
アジサイは急激に苛酷な状況の置かれます。

 

水切れや高温による被害に注意が必要です。
また、花が終わると、来年の花のための剪定や、追肥が必要です。

 

 

■夏の作業

 

・挿し木
花が咲き終わった後は、挿し木で増やすことができます。
ただし、8月は気温が高すぎ、乾燥しやすくなるので避けたほうがよいでしょう。

 

アジサイの挿し木は、5月~7月か、9月に行います。
この時期の挿し木は、今年新しく伸びた、葉のついている芽を使います。

 

新しく伸びた枝を1~2節で切り、葉を1/3に切り取ります。
水をいれたコップなどに刺し、1時間ほど給水させます。

 

 

ajisai-sasiki

駄温鉢に鹿沼土や赤玉土を敷き、湿らせておきます。
給水させた土に挿し、水切れに注意しながら明るい日陰に1か月ほど置きます。

 

1か月すると発根します。発根したら日当たりのよいところで育てます。
>>アジサイ 挿し木の仕方

 

・とり木
地面が湿っている6月がとり木には最も適しています。
節を針金で縛り、枝を曲げて針金などで地面に固定します。
その上から、土をかぶせておきます。

2週間ほどで発根します。
そのまま半年ほど置いておき、切り離して植え替えます。
確実にたくさんの株を増やしたいときにおすすめの方法です。

 

・剪定
アジサイの花が咲き終わったら、剪定を行います。
花から2節下を切り取ります。

 

剪定を行うと新しい枝が伸び、秋に花芽が付きます。
翌年にきれいな花を咲かせるために、花後の剪定はとても大切な作業です。

 

剪定を行う時期も重要で、遅くても7月末までには剪定を終わらせます。
剪定の時期が遅くなると、花芽を作る時期までに新梢が充分に伸びず、
花芽ができなくなってしまいます。
>>アジサイの剪定方法

 

 

kasiwabaajisai

カシワバアジサイも開花します

 

 

■栽培管理

 

●鉢植え
・置き場所 

花が咲いてからは、日陰でも構いませんが、
色の濃い花は、日が当たらないと花色が濃くなりません。

 

鉢の置き場所は、半日ほど日の当たる場所や、
木漏れ日が当たるくらいの場所が最も適しています。

 

梅雨が明けて、真夏の強い日差しが当たるようであれば、
日陰に移動したり、よしずなどを使って遮光します。

あまり日当たりが良すぎると、葉が日焼けを起こしてしまいます。

 

・水やり
梅雨が明けると一気に乾燥します。
真夏の時期は、朝と夕の2回水やりが必要です。
土を触って、乾燥の状態を確かめて調節しましょう。

 

・肥料
花後の剪定を行った後、発酵油かすの固形肥料を施します。

 

●地植え
・水やり 

基本的には、自然に降る雨水にまかせます。
真夏に、あまりにも葉がしおれているようなときは、水やりを行います。

 

ただ、定期的に水を与えていると、水やりを期待して給水する力が弱くなり、
かえって水切れに弱い株になってしまいます。

 

・肥料
花が終わったら、剪定の後に発酵油かすを施します。

 

 

■病害虫

アブラムシ、ハダニ、コウモリガの幼虫に注意が必要です。
うどんこ病や、たん素病も発生しやすくなります。
株を観察し、早めの対処が必要です。

 

■注意したいこと
・梅雨が明けると乾燥しやすくなります。水切れに注意が必要です。
・日差しが強すぎると、葉が日焼けを起こすので、日よけが必要になります。
・花が終わったら、花後の剪定と、お礼肥を与えます。
・病害虫が発生しやすくなるので注意が必要です。 

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ :  

アジサイ栽培 春夏秋冬

アジサイ 沖縄の育て方

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


ajisai001
沖縄でアジサイを育てたい場合、育て方にコツはあるのでしょうか?

 

 

アジサイは寒さに強いイメージがありますが、
南国の暖かい沖縄でも育てることができます。

 

基本的な育て方は、一般的なものを同じで問題ありません。
ただ、中間地や寒冷地に比べると、少し気候が異なるため、
元気に育てるにはいくつかのコツがありますのでご紹介します。

 

 

[アジサイ 沖縄の育て方]

 

 

■日当たり

 

沖縄は本州に比べると暑く、日差しが強いイメージがあります。
ところが、実際の数値としては、夏の最高気温の平均は意外と低いのです。

 

確かに太陽が出ている時の日差しは強いのですが、
曇りや雨などの天気が悪い日も多いのですね。

 

アジサイはどちらかというと、
日当たりが一日中良い場所よりも、半日陰を好む品種が多いです。

 

日当たりの良い場所でも育つ品種はありますが、
あまり強い日差しに当てていると、葉が日焼けを起こすことがあり、
土が乾燥しすぎたり、土の温度が上がりすぎて根が傷むことがあります。

 

午前中は光が当たり、午後は日陰や明るい日陰になる場所が適しています。
ヤマアジサイの仲間などは、直射日光の当たらない半日陰が適しています。

 

日当たりの良い場所しかない場合は、
日差しに強い木を植えたり遮光ネットを使って、
午後から日陰を作ることで、アジサイに合った環境を作ることができます。

 

日差しが強いからといって、アジサイ栽培を諦める必要はありません。

 

 

■湿気

 

沖縄は意外と湿気が高く、特に梅雨は除湿器に驚くほど早く水が溜まります。
アジサイは乾燥した土よりも、水切れの心配がない少し湿った土を好みます。

 

ただ、あまり土の湿気が高すぎると、
今度は根腐れを起こすことがあるので注意が必要です。

 

また、雨が続くと、アジサイを植えている近くに水たまりができたり、
鉢皿に水が溜まりっぱなしになったりすることがあります。

 

アジサイを植えている付近は、排水を良くして水たまりができないようにしておきます。
また、鉢植えの場合は、雨が続く時期だけ雨の当たらない場所に置き、
鉢皿に水が溜まっていたら捨てるようにします。

 

また、湿気が高いため、風通しの悪い場所で育てていると、
湿気がこもりすぎたり、暑い時期は蒸れてしまうことがあります。

 

風通しの良い場所、できるだけ涼しい場所を探しておくと、
雨の多い時期も暑い夏も越しやすくなります。

 

 

ajisai002

近くでアジサイを眺めるのは楽しいです

 

 

■台風

 

沖縄は本州に比べて台風の上陸が多い地域です。
台風が上陸すると怖いのが風です。

 

沖縄に台風が上陸し、強風によってベランダの洗濯機が動いたり、
のぼりなどが飛んできたりというようなことはよくあります。

 

そんな強風の中にアジサイがあれば、
当然葉や枝が折れたり、鉢植えは倒れて転がっていってしまいます。

 

地植えにするのであれば、台風がきても風をよけられる場所が望ましいです。
できれば台風時には移動ができるよう、鉢やプランターで育てた方が無難です。

 

鉢植えにしてある株は、風の当たらない場所に移動させましょう。
屋外に置いているだけで心配になる方は、
いっそ台風が過ぎるまで玄関など室内に置いておきましょう。

 

台風が上陸したとしても、1週間も上陸しているわけではありません。
数日の間であれば、室内に置いていても支障はありません。

 

 

■花の色

 

アジサイの花は、土が酸性だと青に、土がアルカリ性だと赤に変わります。
品種によっては土の酸度に関係なく、白い花を咲かせるものもありますが、
基本的には酸度によって色が変わります。

 

日本は雨が多く、どちらかというと土は酸性に傾くことが多いですが、
沖縄は場所によっては土がアルカリ性に傾きやすい場合があります。

 

青い花のアジサイを見たいのに、土がアルカリ性では、
いつまでたっても青い花は咲きません。

 

土の酸性度を計測し、育てる場所の土が酸性かアルカリ性かを確認しましょう。
鉢植えの場合は、青と赤のアジサイ専用の培養土があるので便利です
*よへなあじさい園、2016年5月14日(土)開園です!
http://www.geocities.jp/tomotakayo/

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイの剪定方法
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :  

アジサイ栽培 Q&A

カシワバアジサイの育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


kasiwabaajisai010

カシワバアジサイは北アメリカ原産のアジサイです

 

「カシワバ」という名称は、
切れ込みのある大きな葉の形が柏の葉に似ていることからです。

 

色は白で、咲き進むとピンク色や緑色に変化していきます。
八重の花が華やかな「スノーフレーク」、
花がとても大きな「ハーモニー」はとてもボリューム感のある花です。

 

「スノークイーン」は一重の花ですが、とても存在感があります。
カシワバアジサイは秋になると大きな葉が美しく紅葉します。

 

1年中楽しめ、最近ではイングリッシュガーデンを、
明るく仕立てるのに人気があります。

 

日本のアジサイより丈夫で、容易に栽培できるのも魅力です。

 

 

[カシワバアジサイの育て方]

 

 

■鉢植えでの栽培

 

・用土 
カシワバアジサイは徒長しやすく、
庭植えで育てる方がむいています。

 

鉢植えで育てるのであれば、大きな鉢で大きく育てたほうが、
カシワバアジサイの存在感を活かすことができます。

 

カシワバアジサイは水はけがよく、保水性も良い土壌を好みます。
自分で配合するのであれば、
赤玉土:鹿沼土:腐葉土を3:2:3で配合します。

 

 

kasiwabaajisai016

まだ蕾が多いカシワバアジサイ

 

 

・植え付け
カシワバアジサイは、3月上旬から下旬の葉が展開する前か、
花後の剪定の後に植え付けを行います。

 

寒冷地でなければ、10月~11月でも植え付けることができます。
大きめの鉢に鉢底石を敷き詰め、用土を少し入れます。

 

苗木の根鉢はひと回り崩してから植え付けます。
植え付け後はしっかりと土を固めておき、たっぷりの水を与えましょう。

 

・鉢の置き場所
カシワバアジサイは日本のアジサイよりも日当たりのよい場所を好みます。
一日中日の当たるようなところでもよく育ちます。

 

日陰でも育てることはできますが、花をきれいに咲かせるためには、
半日くらいは日の当たる場所がよいでしょう。
冬季は風が当たらないところに置きます。

 

・肥料
1月上旬から2月下旬に寒肥を施します。
花後の剪定を行った後も、お礼肥を与えます。
いずれも、緩効性の液体肥料か、固形の油かすを施します。

鉢植えでは、1度にたくさんの肥料を与えることができません。
6号鉢で20gの量を、2~3回に分けて施します。

 

・水やり
鉢の土をよく観察し、
乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷりの水を与えます。

 

カシワバアジサイは葉が大きく蒸散する水分が多く、乾燥には弱いです。
乾燥すると、すぐに葉が縮こまってしまいます。

 

 

ajisaisenteikasyo2

・剪定
カシワバアジサイは花の期間が長く、剪定の時期に迷います。
しかし、花をそのままにしておくと、
鉢植えの場合は翌年に花を咲かせません。

 

7月中に花よりも2節下を切り落とします。
すると、新しい芽が伸びてきて秋までに充実した枝に育ちます。

その枝の先に翌年の花芽ができていきます。

 

 

kasiwabaajisai015

咲き始めの頃

 

 

■庭植えでの栽培

 

・植え付け
カシワバアジサイは大きく育つので、庭植えに向いています。
植え場所には、十分なスペースを用意します。

 

苗木よりも1周り大きく穴を掘り、
掘り上げた穴に腐葉土を入れて混ぜておきます。

 

苗木の根鉢を一回り崩して植え付けます。
土を植え戻し、しっかりと固めたら、水を十分に与えます。

 

 

kasiwabaajisai012

こんなに元気に花が咲きます

 

 

・植え場所
カシワバアジサイは日当たりのよい場所を好みます。
半日陰でも良いのですが、
できれば半日ほどは日の当たる場所を選んだ方が花がきれいに咲きます。

 

冬の強風は苦手なので、壁際など、
風を防ぐものがそばにある場所がよいでしょう。

 

・肥料
カシワバアジサイは白い花を咲かせます。
青やピンクの花のように肥料成分は特に選びません。

 

寒肥は1月上旬から2月下旬に、お礼肥は花後の剪定の後に施します。
100g程度の油かすを株もとに撒いておきます。

 

・水やり
植え付け後は根がつくまで乾かさないように水を与えます。
根がついたら、基本的には水やりは必要ありません。

 

乾燥には弱いので、
真夏の乾燥時期に葉が縮れてくるようであれば水やりを行います。

 

 

kasiwabaajisai017

満開のカシワバアジサイ

 

 

・剪定
苗木を植えた年の落葉後、根元からバッサリと刈り込みます。
こうすることによって枝がたくさん伸びてきて樹形が整います。

 

その後は、花後の剪定と、
冬に細い枝や込み入った枝を整理するくらいでよいでしょう。

 

カシワバアジサイは花の期間が長く、
咲き進むにつれて変化する花色も楽しみたいアジサイです。

 

翌年にたくさん花を咲かせたいときは、
もったいないのですが7月下旬に花の2節下で切り落とします。

 

翌年の花は少なくなりますが、半分だけ花を残して剪定し、
残った花を楽しむのも良い方法です。
>>アジサイの苗を各種見てみる

 

タグ : 

アジサイの育て方

コンペイトウの育て方

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


konpeto-ajisai

コンペイトウ アジサイ、人気です

 

 

コンペイトウ アジサイは、静岡県掛川市の加茂花菖蒲園で、
品種改良されたアジサイです。

 

八重咲きのガクアジサイで、白い縁取りが可愛らしい花です。

 

 

[コンペイトウの育て方]

 

 

■鉢植えでの栽培

 

・用土
コンペイトウは、土壌の酸性度によって、
花の色を変えることができます。

 

アルカリ性の土壌では、きれいなピンク色を咲かせることができ、
酸性の土壌では、青色の花を咲かせることができます。

 

特に鉢植えでは好みの花色に仕立てやすくなります。

 

ピンク色の花色に育てたいのであれば、
赤玉土:腐葉土:パーミキュライトを4:4:2で配合します。

 

青色の花を咲かせたいのであれば、
赤玉土:ピートモス:パーミキュライトを4:4:2の割合で配合します。

 

・鉢の置き場所
鉢は、日当たりのよい日陰に置きます。
室内であれば、午前中にしっかりと日が当たる場所がよいでしょう。

 

日が当たらないと、花の発色が悪くなり、花付きも悪くなります。
屋外で育てるのであれば、春から初夏と秋は日当たりのよい場所、
夏は直射日光を避ける場所に置き、冬は風が当たらない場所に置きます。

 

・肥料
ピンク色の花を咲かせたいときは、
骨粉や魚粉の混ざった油かすを施します。

 

青色の花を咲かせたいときは、
骨粉などが混ざらない固形の発酵油かすを施します。

 

肥料は、12月~2月上旬に寒肥を6号鉢で20g、数回に分けて施します。
花が咲き終わったら剪定を行った後に追肥を寒肥よりも控えめに施します。

・水やり
鉢の土をよく観察し、
乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷりの水を与えます。
受け皿には水をためないようにします。

 

・剪定
花が咲き終わったら剪定を行います。
花の2節下を剪定ばさみで切り取ります。

 

花後の剪定は、遅くても7月下旬までに行います。
剪定が遅くなると、次の年に花を咲かせることができなくなります。
>>アジサイの剪定方法

 

 

hanabi

こちらも、ガクアジサイで人気の花火

 

 

■庭植えでの栽培

 

・用土
コンペイトウは丈夫で、庭植えにも適しています。
コンペイトウは土壌の酸性度によって花色を変えることができます。

 

庭植えでは雨やもともとの土壌成分の影響で、
思い通りの花色に咲かないこともあります。

 

日本の土壌は酸性に傾きやすいので、青色の花になりやすいでしょう。

ピンク系統の花にしたいときは、土壌に腐葉土を混ぜます。
青色の花にしたいときは、ピートモスを混ぜておきます。

 

・植え場所
コンペイトウはヤマアジサイよりも大きく育ちます。
栽培スペースは大きめに取りましょう。

 

日中の何時間化は日が当たるような場所で、
風が直接当たらないところがよいでしょう。

 

・肥料
ピンク系統の花を咲かせたいのであれば、
骨粉や魚粉の混ざった油かすを与えます。

 

青系統の花を咲かせたいときは、発酵油かすを施します。

12月~2月上旬までに寒肥として100g程度を株もとに施します。
花後の追肥は必要ありません。

 

・水やり
植え付け後、根付くまではしっかりと水を与えます。
根付いてからは、特に水やりは必要ありません。

 

真夏の時期にあまりにも乾燥し、
葉がしおれてしまうようであれば水を与えます。

 

・剪定
花が終わったら剪定を行います。
花の2節下を切り取ります。
剪定は、7月下旬までに行います。

 

■参考

・アジサイ 小さく保つには?

・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ : 

アジサイの育て方

秋色アジサイの育て方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


akiiroajisai005

秋色アジサイ 西安 ピンク系 C)緑の風yamashoku

 

 

秋色アジサイは、花色がゆっくりと変化していくアジサイのことです。
ほとんどが、生産農家で繊細な栽培管理をされたアジサイです。

 

日本で秋色アジサイとして品種改良された「西安」は、
3か月の期間をかけて、ゆっくりと花の色を変えていきます。

 

花の形もきれいで、花が終わった後は、
ドライフラワーとして飾ることもできます。

 

 

■秋色アジサイの育て方

 

・栽培環境
秋色アジサイの花色の変化を楽しむためには、
鉢植えで育て、室内で観賞したほうがよいでしょう。

 

雨に当たるとpHが変わり、花の色がきれいに変わりにくくなります。
また、直射日光に当たるのも良くありません。

 

窓越しの光に当たっても、
花の色がきれいに変化しなくなってしまいます。

 

・水やり
アジサイは、たくさんの水を必要とする植物です。
鉢の土が乾いたら、鉢底から流れるほどたくさんの水を与えます。

鉢の底の受け皿にたまった水はすて、蒸れを防ぎます。

 

 

akiiroajisai006

秋色アジサイ 西安 ブルー系

 

 

・肥料
アジサイは2月頃の寒肥と、花後のお礼肥が必要です。
ただ、秋色アジサイは花が3か月間咲き続けます。

肥料の成分は、花の色に影響を与えます。
綺麗な花色を楽しむためには、
花が咲いている間は肥料を与えないようにします。

 

秋色アジサイの花が終わるのは10月頃です。
花を堪能した後、液体肥料を与えます。

 

寒肥は3月の上旬に、
効き目がゆっくりと長く効く有機肥料を与えます。

 

・剪定の方法
秋色アジサイは花の変化をゆっくりと楽しむ品種です。
アジサイの花を来年も楽しむためには、
遅くても7月下旬ごろに剪定を行う必要があります。

 

剪定した枝から伸びた新しい枝が9月ごろまでにしっかりと生長できると、
その枝先に翌年の花芽ができます。

 

7月下旬ごろの秋色アジサイは、
もともとの赤系や青系の色からグリーンに変わり始めている時期です。

 

この時期に剪定をしてしまうのは残念な気がします。
せっかくの花の変化を楽しむのであれば、
来年の花をあきらめるしかありません。

 

・地植えでの育て方
秋色アジサイは、地植えにしても育てることはできます。
しかし、土壌や雨の成分や、日の光の影響を受け、
美しい花の変化を楽しむことができない可能性があります。

 

秋色アジサイの花の変化を楽しむためには、室内の日陰といった、
外界の影響をできるだけ与えない環境で育てるのがよいのです。

 

秋色アジサイは、一般のアジサイと同じ栽培方法をすれば、
翌年もよく育ち、ブルー、ピンクなどの自然なアジサイの花が咲きます。

 

■参考

 

タグ : 

アジサイの育て方

ツルアジサイの育て方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


turuajisai007

はっ! とするほどきれいです

 

 

ツルアジサイは北海道から九州まで自生している、
生育がとても良いツル性のアジサイです。

 

気根を伸ばして木や建物に這い上がっていきます。

美しい白い花を咲かせ、繁殖力も旺盛なので、
味気のない壁やフェンスを覆うのに最適な植物です。

 

ツルアジサイの育て方は、比較的やさしいです。

 

 

■ツルアジサイの育て方

 

・栽培環境
水はけのよい肥沃な土壌を好みます。

日陰でもよく育ちますが、日当たりが良すぎると、
葉が日焼けを起こしてしまいます。

適応力があり、寒さや暑さには強い植物です。

 

・水やり
植え付け後は、根が張るまでは、
水やりを欠かさないようにしましょう。

 

葉やつるが伸びてきたら、根付いた証拠です。
地植えで育てる場合は、根付いた後は水やりは必要ありません。

 

真夏の乾燥した時期に葉がしおれてしまうようであれば水を与えます。
鉢植えで育てる場合は、土の状態をよく観察しておき、
土が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

 

turuajisai006

別名ゴトウヅルとも呼ばれ、イワガラミとも似ています

 

 

・肥料
12月の中旬から2月の中旬までの間に寒肥を与えます。
ゆっくりと長く効く有機肥料を株もとに施します。

 

発酵油かすの固形肥料や、
油かすと骨粉を7:3の割合で混ぜたものが良いでしょう。

 

ツルアジサイの花は6月~7月に咲きます。
花が咲き終わったら花後のお礼肥を与えます。

 

この肥料は翌年に咲く花の花芽を作るための肥料です。
効き目の早い化成肥料を株もとに与えましょう。

 

◎誘引と剪定方法
ツルアジサイは剪定を行わなければ、
15~20mほど伸びて生長していきます。

 

剪定をすると、枝分かれし、
狭いスペースを密に覆うことができます。

 

壁面やフェンスのカバーにしたり、
ガレージの支柱や屋根を覆うこともできます。

 

アーチに絡めてトンネルのように仕立てても素敵ですね。
カバーしたい場所に誘引していくときれいに仕立てることができます。

 

ツルアジサイの花芽は秋から冬にかけてできます。
剪定は、花が咲き終わった後の初夏の間に行います。

 

全体の半分くらいを切り戻すとよいでしょう。
剪定を行うと、翌年たくさんの花を、
美しくたくさん咲かせることができます。

 

 

turuajisai005

花は6月~7月ころに咲きます

 

 

・増やし方
6~7月に挿し木で、増やせます。
>>アジサイ 挿し木の仕方

 

 

■病害虫

ツルアジサイは病害虫に強いですが、
葉が密に茂り風通しが悪いと、
うどん粉病やハダニが発生しやすいので風通しを良くします。

 

■参考

 

 

タグ : 

アジサイの育て方

ヤマアジサイの育て方

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


yamaajisai006
ヤマアジサイはアジサイに比べ、花や葉が小さく繊細な印象です

 

 

アジサイに比べ、野趣があり小さく仕立てやすいので人気があります。

各地に自生しているため、品種はとても豊富です。
好みの品種を数種類育ててみるのも素敵です。

 

 

■ヤマアジサイの育て方

 

・栽培環境
ヤマアジサイが自生している場所は、林の中や沢のそばなど、
明るい日陰でよく湿った場所です。

 

ヤマアジサイは種類によって、好みの環境が違ってきます。
自分の住んでいる地域に合った品種を選んだ方が栽培は上手く行きます。

 

・鉢の選び方
ヤマアジサイは小さく育てることもでき、
鉢での栽培がむいています。

素焼きの鉢は通気性が良すぎるので避けたほうが良いでしょう。

 

保水性があり通気性も良い、
上薬を塗ってある駄温鉢がいちばん適しています。

 

プラスチック製の鉢でも良いのですが、
ヤマアジサイの風情を活かすのであれば、
盆栽鉢から選ぶのも楽しみです。

 

鉢の大きさは、5~6号くらいのものが、
管理しやすく、見栄えも良いでしょう。

 

 

yamaajisai005

花色で、用土や肥料を変えるようにすると美しい花色に

 

・用土
赤玉土に鹿沼土を同量ずつ混ぜたものを使います。
青い花であればピートモスを、
赤い花であれば腐葉土を少し配合します。

 

・植え方
鉢の底に鉢底石を入れ、用土を少し入れます。
鉢から株を抜き、根を一回り崩してから鉢に入れ、
隙間なく用土を入れ、しっかりと押さえます。

植え付け後は十分に水を与え、しばらくは日陰で管理します。

 

・鉢の置き場所
午前中は日が当たり、午後は日陰になる場所が最適です。

 

・肥料
粒上の完熟発酵肥料(油粕、堆肥、鶏糞など)を与えます。
与える時期は、花後の剪定を行った後と、2月頃です。

 

青い花であれば、油粕だけの肥料を与えます。
赤い花であれば、油粕に骨粉や鶏糞、魚粉が混ざったものが良いでしょう。

 

冬から3月までに有機物(堆肥など)と草木灰を混ぜたものを施し、
開花前の5月ごろに油かすなどを施します。

 

◎剪定方法
5~6月にかけて蕾が見えてきます。
蕾のない枝は、根元から切ってしまいます。

 

余分な枝が無い方が、見栄えがよく、
すっきりと仕立てることができます。

 

切り取った若い枝は、そのまま挿し木に使うことができます。

 

 

ajisai-sasiki (3)

挿し木で増やすことができます

>>アジサイ 挿し木の仕方

 

 

観賞花が裏返ったら、花後の剪定を行います。

ヤマアジサイは、アジサイと違い、
開花する枝を更新する必要がありません。

 

毎年同じ枝だけを伸ばし、余分な枝は根元から切り取ってしまいます。
そのため、あまり高くならないように、
枝分かれしているところまで切り戻します。

 

育てる枝は、あまり多いと花が貧弱になってしまいます。
5~6号鉢で育てるのであれば6~9本を目安にします。 

 

手まり型のヤマアジサイは育てる枝の本数を少なめにし、
ガクアジサイは多めにすると見栄えがよくなります。

 

剪定は、7月中には終わらせるようにします。
切り戻した枝が9月中に充実すると、その枝に花芽が付きます。

 

剪定が遅くなると、翌年のための花芽を作ることができなくなります。

 

◎植え替え方法
3号鉢のような小鉢に盆栽のようにして育てている場合は、
2年に一度植え替えを行います。

 

5~6号鉢で育てているときは、3~4年に1度植え替えます。
ひと回り大きな鉢に植え替えると、株を大きくすることができます。

 

株の大きさを保ちたいときは、植え付け時に鉢土の下を1/3ほど切り取り、
周囲を1回り小さく切り取ります。

 

■参考

 

 

タグ : 

アジサイの育て方

アジサイ プランターの育て方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai (1)
好みのアジサイをプランターに植えると近くで鑑賞できます

 

 

いろいろな種類のアジサイを、手軽に育ててみたいのですが、
プランターで育てることはできるのでしょうか?

 

プランターで育てる場合には、
どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?

 

 

■アジサイ プランターの育て方は?

 

1.プランターの選び方
アジサイはプランターでも育てることができます。
アジサイの根は、横に広がって伸びて行く習性があります。

 

また、アジサイは生長が早く、大きく育ちます。
プランターを選ぶときは、標準プランターかそれより大型の、

広く大きなプランターを選ぶとよいでしょう。

 

2.プランターを置く場所
アジサイは日当たりのよい場所の方がきれいな花を咲かせます。
しかし、西日が強く当たるような場所は栽培には向きません。

 

日当たりのよい半日陰くらいの場所が適しています。
アジサイは耐寒性がありますが、あまりにも強い北風に、
さらされるような場所では枯れてしまいます。

 

冬は直接風が当たらない、日当たりのよい場所に移動しましょう。

 

 

kasiwaba-gaku

カシワバアジサイとガクアジサイ

 

 

3.アジサイの植え付け方
アジサイの植え付けは、休眠期の11月~3月上旬、または5月~9月に行います。
植え付けの時は花を切り落とす必要があるので、
花が咲き終ってから植えるとよいでしょう。

 

用土は水はけの良いものがよく、
赤玉土に腐葉土を7:3の割合で混ぜたものが適しています。

 

プランターの底には小石を敷いて水はけを良くし、
軽く土を敷いてから苗を植えます。
残りの土を入れたらしっかりと押さえ、たっぷりの水を与えます。

 

4.植え付け後の栽培管理
プランターの栽培では、水切れを起こしやすくなります。
土が乾いたら、たっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

肥料は寒肥として12月~2月にかけて2~3回、
花後の肥料として開花後1~2か月を目安に2回ほど、
固形油かすを一握り与えます。

 

花後は、花が咲いた枝を2~4枚下の茎で剪定します。

 

 

hanagosente

来年も開花させる剪定方法

 

 

5.プランターで栽培で気を付けたいこと
プランターで育てているときは、
水切れを起こしやすいのでこまめに水やりを行います。

 

アジサイは大きく育つため、
プランターでは根詰まりを起こしやすくなります。

 

プランターの底から根がはみ出すようなことがあれば、
植え替えを行う時期です。

 

植え替えは2まわりほど大きな鉢を選びましょう。
大きく育ちすぎた時は、株分けを行うのも良いでしょう。

 

樹形をコンパクトに仕立てたいときは、剪定を強めに行います。

春先に剪定を行うと、せっかくの花芽を切り落としてしまい、
花を楽しめないことがあります。
剪定は、花後に、花が咲いた枝を切るようにしましょう。

>>アジサイの苗を各種見てみる

 

タグ :  

アジサイの育て方