アリラン アジサイ

アジサイの育て方.net

アリラン アジサイ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


アリラン アジサイ C)千草園芸

 

 

アリラン アジサイは、ガクアジサイの1品種です。
ガクアジサイにもたくさん種類がありますが、
アリランはどのような特徴を持っているのでしょうか。

 

また、アリランの育て方のポイントも、合わせてご紹介します。

 

 

[アリラン アジサイ]

 

 

■アリラン アジサイの特徴

 

 

 

 

・くりっと巻いた花弁
アジサイといえば、花房の中心に小さな両性花が集まって咲き、その周りを囲むように
装飾花が咲く、ガク咲きと呼ばれるタイプのイメージが強いです。

 

アリランも、ガク咲きタイプの品種です。
中心の両性花を囲んでいる装飾花が、まるで額縁のように見えることから、

ガクアジサイと呼ばれているそうです。

 

アリランは、花房のサイズは一般的ですが、装飾花が大きめでよく目立ちます。
それに対して両性花は、小さいですが、その分装飾花がよく目立ちます。

 

また、両性花がぎゅっと集まっているので、花房全体のまとまりが良いです。

両性花は、最初小さな丸い蕾ですが、装飾花の開花とともに開きます。

 

開いた両性花をよく見ると、小さな星形をしていて、とても可愛らしいです。

装飾花は、花弁が4枚~5枚の一重咲きですが、花弁が特徴的です。

 

一般的なアジサイは、花弁がまっすぐに開きますが、アリランは少し巻いたようになります。
花弁の巻き具合は、その株によって個体差が出ます。

 

強く巻いているものは、ストロー状になっていることもあり、花弁がかなり細く見えます。
巻きが弱いものは、緩いウェーブがかかったように見え、エレガントな雰囲気になります。

 

装飾花は大きめではあるものの、数がそれほど多くないので、ボリュームは抑えめです。

 

 

 

 

・土によって変わる色
アリランは、販売されている時は「アリランブルー」や「アリランピンク」といった名前で
販売されていることがありますが、品種はどちらも同じアリランです。

多くのアジサイ品種がそうであるように、アリランも土の酸度によって、花色が変わります。

 

土が酸性に傾いていればブルーに、アルカリ性に傾いて入ればピンクになります。
中間くらいの酸度であれば、赤紫~紫色になるので、入手した時の色が何色であっても、
後から色を変えることができます。

 

複数のアリランを鉢植えで栽培し、すべての酸度を変えれば、
花色の異なるアリランを楽しむことができます!

 

装飾花と両性花は、だいたい同じくらいの色になりますが、
装飾花の方がやや濃いめの色に染まります。
また、個体差や花の咲き進む具合によって、装飾花の中心が白く抜けることがあります。

 

 

 

 

・立性でスッキリ
アリランの株姿は、やや立性です。
その分、枝数が増えても、全体的なシルエットがスッキリとしやすく、管理もしやすいです。

 

鉢植えにしてもボリュームが出過ぎず、じっくりと生長を楽しむことができます。
もちろん、庭植えにしてもよく映えるので、お勧めです。

 

葉の大きさや色は、一般的なアジサイと同じくらいですが、ややシワが多いように見えます。
枝の太さも十分あるので、花がたくさん咲いても、折れる心配はありません。
枝が倒れそうになる場合は、あんどん支柱などを利用して、支えてあげると良いでしょう。

 

 

■アリラン アジサイの育て方のポイント

 

基本の育て方は、一般のアジサイと同じです。

 

土の酸度によって花色が変わるので、好みの色に咲かせたい場合は、酸度を調整します。
あえて酸度の調整はせず、どのような色に咲くのか予想するのも楽しいです。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイの剪定方法
・アジサイの肥料は?
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

 

タグ : 

アジサイの種類

人気の記事