アジサイ きれいに 咲かせる

アジサイの育て方.net

アジサイ きれいに咲かせるには?

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


アジサイの開花

 

 

アジサイ、花はできるだけきれいに咲いてほしいものです。

 

アジサイの花をきれいに咲かせるためには、

どのようなことに気をつけたらよいのでしょう?

 

[アジサイ きれいに咲かせるには?]

 

■アジサイ きれいに咲かせるには?

 

1.肥料の成分に気をつける
アジサイは寒肥と追肥を与える必要があります。

 

寒肥は12月中旬から2月中旬に与えます。
寒肥は、春から花を咲かせるまでの生長に必要な肥料です。

 

追肥は花後に与え、翌年の花芽を作るために必要な肥料です。
どちらの肥料が足りなくても、
アジサイの生長に悪影響を与え、花がきれいに咲けません。

 

また、花を美しく咲かせるためには、肥料の成分も大切です。
アジサイは、土壌の酸性度によって花色が変わっていく花です。

 

ピンク色の花を咲かせるのであれば、土壌はアルカリ性にします。
肥料には、骨粉や魚粉の混ざった油かすを施します。

 

青色の花を咲かせるときには土壌を酸性にします。
肥料は骨粉などほかの成分が混ざっていない油かすを施します。

 

アジサイは種類によって、肥料の成分によって花色をはっきりかえるものと、
もともとの花色が決まっているものとがあります。

 

花色が決まっている花は、やはりその花色にあった肥料を与え、
元来の色素が発揮しやすいようにした方が花色がきれいに出ます。

 

 

肥料で本来の色がきれいに出ます

 

 

2.水切れに注意する
アジサイは水分を多く必要とする花です。
水切れが起こると、株の生長が悪くなり、
花に送られる栄養が少なくなってしまいます。

 

路地植えのアジサイは、特に水を与える必要はありません。
鉢植えのアジサイは、土が乾いたら、
水が鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水を与える必要があります。

 

 

紅(クレナイ)

 

 

3.日当たりに気を付ける
アジサイの花色をはっきりとさせるためには、日光の力が重要です。
紅(クレナイ)などの真紅の花は、日の光に当たらないと赤くなれません。

 

ピンク色の花も、青色の花も、
日の光が全く当たらないと花色をきれいに出すことができないのです。

 

また、花芽が作られる9月~12月の間に日に当たらないと、
花芽が充実することができず、きれいに花が咲かない原因になります。

 

4.品種にあった栽培管理を行う
アジサイのは、品種によって栽培管理の方法が少しずつ変わってきます。

 

クレナイは日光に当たらないと白い花になってしまいます。
秋色アジサイは陽の光に当たると、花色を変えて行くことができません。

 

ダンスパーティーは元来ピンク色の花が咲きます。
酸性の土壌で育つと藤色になりますが、
やはりアルカリ性の土壌の方が美しい花を咲かせます。

 

その花にあった環境で育てることが、
株を元気にし、きれいな花を咲かせる一番のポイントです。

 

アジサイを購入するときにお店のかたに訊いたり、ネットで調べると安心です。

>>アジサイの苗を各種見てみる


スポンサードリンク

 

タグ :  

アジサイ栽培 Q&A

人気の記事

«  | ホーム |  »