アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

マジカルレボリューション

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


ajisai (31)

マジカルレボリューション、お気に入りです♪

 

 

マジカルレボリューションは、
オランダで作出された新しい西洋アジサイです。

 

西洋アジサイというと、色がはっきりとして、
装飾花も大きくて派手というイメージがあります。

 

ところが、このマジカルレボリューションは、
一般的な西洋アジサイに比べると、少しおとなしい印象があります。

 

おとなしい印象なのにマジカルレボリューションという名前がついているように、
不思議な色合いを楽しむこともできます。

 

マジカルレボリューションの特徴と育て方のポイントをご紹介します。

 

 

[マジカルレボリューション]

 

 

■マジカルレボリューションの特徴

 

マジカルレボリューションの花房はてまり咲きで、とてもよくまとまります。
花つきも良いので、たくさん花房がついた株を上から見ると、
もこもことしていてかわいらしいです。

 

マジカルレボリューションの花はすべて装飾花ですが、
花弁が完全に開かずに少しすぼまったような形をしています。

 

そのため、花房1つにぎゅぎゅっと集まったように見えるのも、
かわいらしい雰囲気を増しています。

 

花びらは一重で、装飾花の1つ1つは小ぶりですが、
このたっぷり詰まったように見える花房は、十分豪華に見えます。

 

マジカルレボリューションの一番の特徴は、やはり花色です。
最初は明るい黄緑色をしていた花が、だんだんと色づいてきます。

 

色は酸性ならブルーに、アルカリならピンクになりますが、発色がとても美しいです。
一番ブルーやピンクが濃く出る時期でも、
花びら全部が色に染まることはなく、グリーンが少し残ります。

 

全体が咲く過程では、グラデーションがかかって柔らかい色になります。
その後は、だんだんとブルーやピンクから色が変化し、紫がかったような色になります。

 

一般的なアジサイと同じように、6月頃に開花が始まり、
環境が合えば秋頃まで花を見ることができます。

 

切り花として作られた品種の系統のため、枝は太くしっかりとしています。
よほどのことがない限りは、花の重みで折れることはありませんし、
倒れることもほとんどありません。

 

葉の形は一般的なアジサイと同じですが、色は少し濃い目になることが多いです。
花の淡く繊細な色合いと、濃い緑の葉のコントラストも素敵です。

 

 

ajisai11

マジカルレボリューションの苗

 

 

■マジカルレボリューションの育て方のポイント

 

マジカルレボリューションの基本的な育て方は、標準的なアジサイと同じです。
ただ、秋まで花を楽しむためには、少しコツが必要です。

 

直射日光に当たると、花がすぐに傷むため、
開花中は午前中のみ日の当たる半日陰か、
明るい日陰のような場所で管理するのがお勧めです。

 

それ以外の季節は、日当たりの良い場所から半日陰まで、
広い範囲で育てることができます。

 

また、秋まで花を楽しむと、剪定の時期が遅れて翌年に花を咲かせません。
秋色の花を楽しむのであれば、翌年の開花は諦めるほかありません。

 

マジカルレボリューションの株が大きくなってきて枝数が増えたら、
半分は7月に剪定し、残りは秋まで楽しむという方法もあります。

 

西洋アジサイは、寒さに弱い品種が多いのですが、
こちらの品種は少し耐寒性があるようです。

 

それでも寒冷地などで不安な場合は、
鉢植えにして冬期は室内管理をしておいた方が安心です。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :

アジサイの種類

ギャラクシー

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


Galaxy

ギャラクシー  C)加茂花菖蒲園

 

 

たくさんの素敵なアジサイを作出している加茂花菖蒲園の、
オリジナル品種にギャラクシーというアジサイがあります。

 

西洋アジサイながら、繊細な作りの花は、
豪華な中に可愛らしさもある素晴らしい品種です。

 

育てる環境によって、花色を変えるギャラクシーとは、
どのような特徴を持ち、どのような育て方をするのでしょうか。

 

 

[ギャラクシー]

 

 

■ギャラクシーの特徴

 

ギャラクシーの花は、すべてが装飾花です。
八重咲きの装飾花がてまり状に咲くので、とても見応えがあります。

 

装飾花は、個別に見ると小ぶりですし、花弁も1枚1枚が小さいです。
ところがこのギャラクシーは、小さな花弁が幾重にも重なり、
まるで小さなバラのような形をしています。

 

ギャラクシーは花びらにも丸みがあって、とても可愛らしいです。
この可愛い装飾花が、1つの花房にたっぷり集まって咲くので、
花房で見ると豪華に見えます。

 

また、花つきがとても良い品種なので、株が小さいうちから見応えがあります。
花色は土の酸性度によって変わります。
アルカリなら濃いピンク~淡いピンクに、酸性なら青紫になります。

 

枝の太さや葉の色や大きさ、形は一般的なアジサイと同じです。
枝はしっかりとしているので、大きな花房でも折れることはありません。

 

ギャラクシーは花つきが良いので、あまりにたくさんの花房がついた時には、
水分を含んだ花房が重くなって、やや倒れ気味になることはあります。

 

 

■ギャラクシーの育て方のポイント

 

ギャラクシーの水やりや追肥、剪定などは、
一般的なアジサイと同様の育て方で問題ありません。

 

ギャラクシーは、土の酸性度でも色を変えますが、
日当たりでも色を変える面白い性質があります。

 

土の酸性度では、アルカリに傾けると濃いピンクになり、
酸性に傾けると青紫になります。

 

どちらの色もキレイなのですが、
このギャラクシーは特にピンクに咲かせると美しい品種です。

 

アルミニウムを含まない、アルカリ性の土で育てることにより、
キレイなピンクに咲かせることができます。

 

日本は雨が多く、土が酸性に傾きがちなので、
できれば鉢植えにして育てた方が、土の酸性度を調整しやすくなります。

 

最近では、アルカリ性に保つための肥料も売られているので利用すると便利です。
日当たりでは色自体は変わりませんが、濃淡が変わります。

 

ギャラクシーは日向で育てると、濃い色が出やすくなり、
日照時間が短い場所だと薄く出ます。

 

特にピンクは、日向では濃い目のピンクになって元気な印象になり、
直射があまり当たらない場所では淡いピンクになり、
ギャラクシーの繊細で儚げな印象が強くなります。

 

色の濃淡の具合は、何年か育ててみて、
好みの色が出る日照時間を探しても楽しいでしょう。
自分好みの色が出た時の喜びは、とても大きいです。

 

西洋アジサイは、一般的なアジサイと比べると耐寒性が劣るとされています。
暖地であれば戸外での越冬もできますが、
寒冷地などでは室内で越冬させた方が無難です。

 

日照時間の都合や土の酸性度の管理、越冬方法などを考えると、
やはり地植えよりも鉢植えの方が管理が楽になるのでお勧めです。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事