アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

タマアジサイ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamaajisai006

タマアジサイ

 

 

タマアジサイは、東北地方南部や関東地方などの、
林で自生しているアジサイです。

 

玉のような蕾をあげ、それが開くと両性花や装飾花が咲くため、
タマアジサイと呼ばれるようになりました。

 

他のアジサイとは雰囲気の異なる、なんとも不思議なタマアジサイとは、
どのようなアジサイなのでしょうか。

 

 

[タマアジサイ]

 

 

tamaajisai002

タマアジサイのつぼみ

 

 

tamaajisai004

タマアジサイの開花初期

 

 

■タマアジサイの特徴

 

タマアジサイは、装飾花と両性花の両方を咲かせますが、
その両方が包まれた状態で花芽が上がってきます。

 

蕾の状態だと、まるでシャクヤクの蕾のようにも見え、
一般的なアジサイとは全く違った雰囲気を出します。

 

花を包んでいる部分が開いてくると、
中には両性花と装飾花の両方が固まっています。

 

それがまた外側から開いていき、徐々に広がります。

 

1つの塊が完全に広がるまでにかなり時間がかかるため、
最初の方に開花した両性花は、最後の両性花が開く頃には、
受粉して実を付けていることもあるくらいです。

 

タマアジサイにも色々と品種があるため、
品種によって花姿が少し変わります。

 

基本的には、両性花が固まって咲いて、
その周りにぽつりぽつりと装飾花が咲きます。

 

そういった両性花と装飾花のグループがいくつか集まって、
1つの蕾に収まっているという状態です。

 

 

tamaajisai005

さらに開いていくと、愛らしい雰囲気です

 

 

タマアジサイの品種によっては、
両性花がほとんどなく、装飾花だけが咲くものもあります。

 

両性花はしべが少し長めなので、両性花がたくさん開花する品種は、
開花中にふさふさとした見た目になるのもかわいいです。

 

タマアジサイの花色は白や薄い青や紫などが基本です。
あまり濃い色はないようです。

 

品種によっては、装飾花が白い色をしていて、
両性花が濃い紫色をしている場合もあります。

 

葉も一般的なアジサイとは少し違っていて、
縁にはぎざぎざがあるものの、
とても細かいので遠目だと切れ込みがないように見えます。

 

またタマアジサイの自生種は、株が大きくなるほど葉も大きくなり、立派になります。
色は薄め~濃いものまで様々で、葉の表面に光沢があるものとないものがあります。

 

林で自生しているものは、手入れもほとんどされていないため、
枝の長さが2メートルを超えていることもあるほど大型になります。

 

手入れをして、きちんと剪定してコントロールすることで、
株の大きさも抑えることができます。

 

 

tamaajisai001

花後のようす

 

 

■タマアジサイの育て方のポイント

 

タマアジサイは、とにかく水切れには注意します。
大型になって葉も大きくなってくると、蒸散量も増えていきます。

 

特に鉢植えで育てる場合は、夏場の水切れに注意が必要です。
日当たりは、午前中に光が当たって午後から日陰になるような、
半日陰の場所が適しています。

 

夏の間は、風通しが良くて涼しい場所の方が、水切れの心配も減ります。

 

タマアジサイは、株元からよく枝が伸びるので、
数年に1度は古い枝を付け根から切って更新すると、リフレッシュできます。

 

また、古い枝にはいくつもの花房がつきますが、
花房の数が増えると大きさが小さくなってしまいます。

 

小さくなっても良いから数が欲しい場合は、古枝を中心に育てますが、
大きな花房が見たい場合は、枝の更新をすると花房の大きさを保つことができます。

 

花芽は他のアジサイと同様に夏に形成されるので、
剪定は7月までに済ませるようにします。

 

タマアジサイの枝数を減らすために、間引き剪定をする場合は、
落葉して株元が見やすくなってから剪定を行っても問題ありません。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :

アジサイの種類

フェアリーアイ

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


Fairy Eye002

フェアリーアイ C)千草園芸

 

 

ガクアジサイのフェアリーアイは、
2006年の日本フラワー・オブ・ザ・イヤーで最優秀賞を受賞した品種です。

 

育て方のコツを覚えれば育てやすく、花房も大きめで素晴らしい品種です。
近年人気が上がってきている秋色アジサイとして育てることもできます。

 

 

[フェアリーアイ]

 

 

■フェアリーアイの特徴

 

花房は、開花しはじめる頃は両性花が中央にあり、
それを囲むようにして八重の装飾花がつきます。

 

これが咲き進むにつれて両性花が隠れ、
装飾花のみ半てまり状に咲いているように変化します。

 

その後、秋色アジサイとなるまで、
花を残しておいても、半てまりの形状は変わりません。

 

装飾花は八重咲きなのですが、
花色が優しい色なので、派手すぎることはありません。
どちらかというと明るくて柔らかい印象が残ります。

 

花びらに厚みがあるため、花もちが非常に良いのが特徴的です。
そのため、上手に管理できれば、秋まで花を楽しむことができる上、
秋には花色も変わるので、長期間変化しつつ楽しませてくれます。

 

花色は土の酸性度によって変わります。
以前はピンク色の流通が多かったのですが、
最近はフェアリーアイ ブルーという名前で、青花の流通も増えました。

 

最初はピンクやブルーだった花が、夏頃には黄緑色に変化します。
そのまま秋まで花を保つことができれば、
寒暖の差によって花弁の色が黄緑から赤へと変わります。

 

花びらの付け根部分には、少しながら黄緑が残り、
他の部分は濃い赤へと変わるため、
初夏~夏~秋と花の色が変わるたび、花のイメージが変わります。

 

枝は太くも細くもありませんが、枝が長い状態で大きな花房がつくと、
折れるまではいかなくても、枝が倒れてしまうことがあります。

 

その場合は、支柱を立てて補強してあげましょう。
葉はオーソドックスなアジサイの葉の大きさと形をしています。

 

 

Fairy Eye003
6月頃、秋色アジサイへと変化します

 

 

■フェアリーアイの育て方のポイント

 

フェアリーアイは水切れに弱いので、
春~落葉するまでは土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。

 

冬は根があまり生育していないので、少し乾かし気味に管理しても構いません。
軽く水が足りない程度であれば、水を与えれば戻りますが、
完全に水を切らせてしまうと、水を与えても戻らないので注意します。

 

購入した鉢花の鉢が、株に対して小さすぎると、水切れを起こしやすくなります。
フェアリーアイは、真冬と真夏以外は植え替え可能なので、
鉢が小さいと感じたら、根鉢を崩さないようにして植え替えます。

 

この時、元の鉢より一回りか二回り大きい鉢を選ぶようにしましょう。

生育が良く、肥料は他より少し多めにすると、
生育も良くなり、花付きも良くなります。

 

・肥料
生育期間である春~秋の間は、
緩効性肥料を与えて肥料が切れないようにしておきます。

 

新芽が伸び、根も伸長を始める春は、
緩効性肥料に加えて液体肥料を与えるのもお勧めですが、
加減が分からないうちは緩効性肥料だけ与えておくだけでも十分です。

 

・日当たり
一日中光の当たるような場所よりも、
午前中には光が当たって、午後から日陰になる半日陰の場所を好みます。

 

冬の間は、戸外でも越冬は可能ですが、霜には当てないようにします。
日当たりが良く、日中に気温の上がりやすい軒下などに置くのがお勧めです。
また、簡単な霜よけとして、株元にバークチップやワラなどを敷いておくのも効果的です。

 

・花色
花色は、土の酸性度を中性にするとピンクになり、酸性にするとブルーになります。

 

株自体は丈夫なので、比較的土は選びませんが、
酸性度によって色が変わるため、出したい色がある場合は、
酸性度に注意しておく必要があります。

 

 

Fairy Eye001

6月終わり頃には、緑に変わってきます

 

 

◎秋色アジサイの楽しみ方
また、秋色アジサイを楽しむ場合には注意したいことがあります。
フェアリーアイの剪定の基本は、7月までです。

 

7月を過ぎると、花芽の形成が始まるため、
剪定すると花芽ごと落としてしまうことになります。

 

それでも秋色アジサイを楽しみたいという場合は、翌年の開花を諦めます。
育て始めて何年も経ち、株が大きくなって枝数も増えたら、
半分は7月までに剪定を行って翌年の花芽をつけさせます。

 

残りの半分は、秋まで花を残して秋色アジサイを楽しみます。

 

フェアリーアイを秋色にするためには、夏の間に涼しい環境に置くことが大切です。
そのため、暖地などだと秋色になる前に花が傷み、
秋色アジサイを楽しむのが難しい場合もあります。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事