星空

アジサイの育て方.net

星空

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


星空

 

 

星空は、加茂花菖蒲園が改良して作った、ガクアジサイの品種です。
花付きが良く育てやすいと評判の加茂花菖蒲園のアジサイの中でも、
長く人気のある品種です。

 

星空が持っている特徴や、育て方のポイントなどをご紹介します。

 

 

[星空]

 

 

■星空の特徴

 

・夜空にまたたく星のよう
アジサイには、大きく分けてガク咲き、テマリ咲き、半テマリ咲きの3種類があります。
星空はその中でも、ガク咲きに分類されます。

 

ガク咲きのアジサイは、花房の中で両性花と装飾花に分かれて咲きます。
小さな両性花が中心に集まり、その周りを囲むように装飾花が咲きます。

 

両性花の周りにびっしりと装飾花がつくというよりは、
少し離れたところに装飾花が咲く、といった形になっています。
装飾花の軸が少し長いため、両性花と程よく距離ができるのでしょう。

 

 

 

 

星空の花房の形は、隅田の花火などと雰囲気がよく似ていますが、
隅田の花火ほど装飾花の軸が長くありません。

 

装飾花の方が大きく、しかも八重咲きのため目立ちますが、近くに寄ってよく見ると、
両性花もやや弁化しているため、花の形が分かります。

 

装飾花は八重咲きながら、花弁が細めなので華美になりすぎず、
スッキリとした花形をしています。

 

花付きが非常に良い品種で、株が大きくなればなるほど、
株を覆うほどの花を咲かせます。

花房の大きさも十分なので、開花中は見応えもバッチリです。

 

遠目から見ると、たくさんの花房がついているのがよく分かり、
両性花の夜空に装飾花の星が瞬いているようにも見え、
まさに星空の名にふさわしい花姿です。

 

・淡い色付き
星空は、花色が全体的にあまり濃くありません。
淡い色が入りますが、土の酸度によって色が変わります。

 

土が酸性ならブルーに、アルカリ性なら薄紫になります。
どちらの色になっても色は淡く、遠くから見ると白っぽく見えます。

 

両性花の方が色の出方が濃いためか、装飾花が白に見えることもあります。
けれど、近くに寄って見てみると、装飾花にも色が入っているのが分かります。

 

咲き始めは明るいグリーンですが、開花が進むにつれ色が入ります。
両性花は弁化しているためか、開花すると色がやや濃くなります。

 

 

C)千草園芸

 

 

・株は大柄
加茂花菖蒲園のアジサイは、西洋アジサイやガクアジサイに、
ヤマアジサイを掛け合わせたものが多いです。

 

ヤマアジサイの特徴が入るためか、
やや繊細な株姿になる品種もある中、星空は大柄になる品種です。

 

枝もしっかりとした太さがありますし、葉も大きく密に茂ります。
枝の発生量も多く、良く伸びるので、庭植えにして大株に仕立てれば、
見応えのある株に仕上げることができます。

 

もちろん鉢植えでも育てられるので、

地植えできるスペースがない場所でも栽培できます。

 

 

C)千草園芸

 

 

■星空の育て方のポイント

 

基本の育て方は、一般のアジサイと同じです。

花色が土の酸度によって変わりますが、
基本の色が淡いので、自然に任せた状態でも雰囲気良く育ちます。

 

どうしても固定の色で出したいというのであれば、
ブルーなら酸性に、紫ならアルカリ性に調整しておきます。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイの剪定方法
・アジサイの肥料は?
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事