アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

アジサイ 小さく保つには?

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai (1)
アジサイ、大きくなります!

 

 

アジサイは庭植えにしているとどんどん大きくなります。
大きく育ったアジサイは見ごたえがあります。

 

しかし、栽培スペースが限られている場合には、
アジサイが大きくなりすぎることが悩みのタネになります。

 

アジサイを小さく保つ方法やコツはあるのでしょうか?

 

 

■アジサイ 小さく保つには?

 

 

ajisaisentei

アジサイ剪定の基本

 

 

1.剪定でコンパクトに保つ
アジサイは、剪定を行って樹形を保ち、花付きをよくします。
花後の剪定は、翌年にきれいな花を楽しむためには欠かせない作業です。

 

装飾花が裏返ったら、花から2節目を切り取ります。
切り取ったところから新梢が生え、花芽が付きます。

 

冬が近づき葉が落ちたら、
花芽が付いていない細い枝や古い枝を根元から切り取ります。

 

毎年剪定を行っていると、ある程度は株を小さく保つことができます。

 

2.強剪定をする
毎年花後の剪定を行っていても、アジサイは大きくなってしまいます。

 

栽培スペースが限られている場合は、
時には強めの剪定が必要になります。

 

強めの剪定を行うときは、全ての枝を根元で切り落とします。
強剪定を行った翌年は花が咲きませんが、かなり小さくなります。 

 

 

ajisai-sasiki

不安なときは、挿し木で苗を確保しておきます

>>アジサイ 挿し木の仕方

 

 

3.植え替え時期に根鉢を崩す
鉢植えで育てているときは、2年に一度は鉢を植え替える必要があります。
この時に、通常はひと回り大きな鉢に植え替えます。

 

しかし、株を小さく保ちたいときは、根鉢を崩して小さくします。
根詰まりを防ぐことができ、株も小さく保つことができます。

 

同じ鉢を使うことができますが、土は新しいものに取り換えます。

 

4.株立ちの本数を制限する
株自体が大きくなっていても、株立ちする枝を制限することで、
株がすっきりとしてコンパクトになります。

 

横に張り出している枝を根元で切り取り、
株の中心部の枝を残すようにします。

 

 

yamaajisai

ヤマアジサイは、小型のものが多いです

 

 

5.小型のアジサイを選ぶ
栽培スペースに限りがある時は、
あらかじめ小さい種類のアジサイを選ぶのも一つの方法です。

 

ヤマアジサイには小型の種類が多く、花の形も多彩なので、
スペースに合わせた好みの種類を見つけて育てることができます。


スポンサードリンク

 

タグ : 

アジサイ栽培 Q&A

人気の記事