銀河

アジサイの育て方.net

銀河

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


ginga-ajisai002
銀河 C)森農園ネットショップ

 

 

アジサイの「銀河」は、まだ新しい品種で今注目のガクアジサイです。
この銀河は、島根県で作られたオリジナル品種で、
万華鏡・美雲に続く第三弾だそうです。

 

万華鏡と美雲はどこか柔らかい印象がありましたが、
今回の銀河はやや濃いめの色と花型をしていて元気をもらえそうです。

 

涼やかさをまとった新品種の銀河とは、どのようなアジサイなのでしょうか。

 

 

[銀河]

 

 

■銀河の特徴

 

花房は、中央に両性花が集まり、その周りに装飾花が咲きます。
装飾花は八重咲きで、花びらの先端が少しとがったような形をで、
とても整った花型をしています。

 

色は今のところ青のみ流通しているようです。
青い花びらの縁には白いラインが入るので、すっきりとした印象があります。

 

装飾花自体も大きく、
花房も大きめなのでとても目を引きますが、
色が爽やかなブルーなので、くどさはありません。

 

普通、両性花はあまり目立たずに開花しますが、
銀河の場合は両性花の花びらもとこどころ大きいものがあるため、
細かい両性花と大きな装飾花を合わせた、まるで花束のような花房をしています。

 

中央がやや盛り上がるので、上からだけでなく、横からの鑑賞にも向きます。

 

枝の太さや葉の形や大きさは、一般的なアジサイと同じくらいです。
花房が大きくなるので、枝はしっかりしていても倒れてくることがあるかもしれません。
葉の色がやや濃いので、爽やかなブルーの花色とよく合います。

 

 

ginga-ajisai001

 

 

■銀河の育て方のポイント

 

一般的なアジサイと同じ育て方で問題なと思われますが、
新しい品種のため、育て方がまだはっきりしていません。
銀河と同じ島根県で作られた万華鏡よりは育てやすいようです。

 

平成29年4月から出荷予定ということですが、すでに取り扱いのあるお店はあるようです。
ただ取扱店は限られています。

 

その分値段も高いですが、見栄えが良いのでプレゼントにはぴったりです。
近くの花屋よりも、ネット通販の方が見つけやすいかもしれません。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方


スポンサードリンク

人気の記事

 

タグ :

アジサイの種類

この記事に関連する記事一覧