アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

カシワバアジサイの剪定方法

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


kasiwabaajisai

カシワバアジサイは花の時期が長いのが特徴です

 

 

しかし、適切な時期に剪定を行わないと、翌年の花を楽しむことができません。

カシワバアジサイの剪定はいつどのように行えばよいでしょう。

 

 

■カシワバアジサイの剪定方法

 

1.樹形を整えるための剪定
カシワバアジサイを苗木を植えたまま放任していると、
枝分かれせずに長い枝が伸びていきます。

 

花や葉が大きいため、枝だけがひょろっとした印象になり、樹形が整いません。
そのため、苗木を植えた年に樹形を整えるための剪定を行います。

 

アジサイは、11月ごろになったら落葉期を迎えます。
葉が落ちた後、全ての枝を根元でバッサリと切り落としてしまいます。

 

そうすると、翌年に根元からたくさんの枝が出てボリュームのある樹形に仕上がります。
一度樹形が整ったら、それ以降は花後の剪定と休眠期の剪定を行うだけで充分です。

 

2.花後の剪定
カシワバアジサイは剪定を行わないと、長い間花を楽しむことができます。
花は咲き進むとピンク色や緑色に変化していき、とても見事です。

 

長く花を楽しみたいのですが、花が咲き終わる前に剪定を行わなければ、
翌年の花芽を作ることができなくなります。

 

花後の剪定は、惜しいのですが7月下旬までに行います。
他のアジサイと同様に、花の2節下を切り取ります。

>>アジサイの剪定方法

 

切り取ったすぐ下の葉の根元から新しい芽が出てきます。
その芽が秋までに充実した枝となり、先端に花芽ができるのです。

 

 

kasiwabaajisai010

アップで見ても美しいカシワバアジサイ

 

 

3.休眠期の剪定
カシワバアジサイは休眠期の剪定が必ず必要なわけではありません。
ただ、枝が混み合って風通しが悪くなると、病害虫の発生の原因になります。

 

アジサイの花芽は枝の先端についています。
枝の先端が円錐状に丸くなっているものは、
花芽の付いた枝なので、切り落とさないようにします。
それ以外の枝で、細い枝や枯れた枝、込み入っている枝を根元から切り落とします。

 

4.花を長く楽しむための剪定方法
翌年の花も楽しみたいのですが、
庭先のカシワバアジサイの花をできるだけ長く楽しみたいものです。

 

地植えで、たくさんの花をつけるほど成長した株であれば、
花後の剪定を半分だけ行うもの一つの方法です。

 

翌年に咲く花は少なくなってしまいますが、
残った花を最後まで楽しむことができます。

 

カシワバアジサイは移ろう花色も美しい花です。
また、最後まで咲き終わった花をドライフラワーにするのも素敵です。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ : 

アジサイの剪定方法

城ヶ崎

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


jyogasaki002

城ヶ崎  C)園芸百貨店何でも揃うこぼんさい

 

 

城ヶ崎という品種のアジサイは、
東伊豆で見つけられたガクアジサイです。

 

大きな装飾花は、一見すると派手なように見えますが、
まったくそんな雰囲気はありません。

 

最初はピンク色の八重咲きアジサイとして人気がありましたが、
今ではピンク系もブルー系も人気の高い品種です。

 

 

[城ヶ崎]

 

 

■城ヶ崎の特徴

 

花は中央に両性花が固まって咲き、その周りに装飾花が咲きます。
パッと見た感じとしては、隅田の花火と似たような形をしています。

 

城ヶ崎の場合は、隅田の花火より装飾花の花茎が短いため、
花火のように広がってはおらず、花房がもっとまとまっています。

 

装飾花はかなり大きい部類に入るため、とても目立ちますが、
一塊の花房につく装飾花の数が多くないので、派手な印象はありません。

 

横から花房を見てみると、てまり咲き品種のような高さがなく、
かなり平たいのが分かります。
その厚みのなさが、城ヶ崎の清楚な雰囲気を深めているのかもしれません。

 

花色も、薄いブルーか薄いピンクが主となり、
あまり濃い色ではないので、明るく爽やかな雰囲気があります。

 

装飾花は八重咲きで、花びら一枚一枚の幅も広く大きいですが、
厚いわけではないので、ひらひらと宙に浮く蝶のようなイメージです。

 

花びらの縁に丸みがあるため、装飾花の大きさや、
八重咲きにも関わらず、柔らかい印象が強い品種です。

 

流通しているものには、ピンクとブルーがありますが、
土の酸性度によって花色が変化します。

 

酸性度によっては、青紫色になったり、
青紫と赤紫や混じったような色合いになることもあります。

 

購入時の花色に咲いてほしい場合は、土の状態で色が変わると残念ですが、
最初とは違った花色が見られる可能性がある点では楽しみでもあります。

 

葉の大きさは、一般的なアジサイと同じくらいです。
色はやや濃く、色の濃い葉と色の薄い爽やかな花とのコントラストも美しいです。

 

枝の太さは普通ですが、花房が大きくなりすぎず、
装飾花の数も少なめなので、倒れる心配はあまりありません。

 

 

jyogasaki001[1]

城ケ崎のブルーも人気です

 

 

■城ヶ崎の育て方のポイント

 

基本的な育て方は、一般的なアジサイの育て方と同じです。
土の酸性度によって花色が変わるため、土の酸性度に注意しておかないと、
翌年から購入した時とは違う色の花が咲くことがあります。

 

ピンク系にしたいのであればアルカリ性に、
ブルー系にしたいのであれば酸性に土を調整しておきましょう。

 

城ヶ崎は、鉢花として購入した時には、
株全体がかなりコンパクトにまとまっていることが多いです。

 

ところが、翌年からは枝の伸びが強く、また枝の発生も多くなるので、
なかなかコンパクトなままに育てるのが難しい品種でもあります。

 

購入時の株がまとまっているのは、ほとんどが矮性剤を使用しているためです。
翌年からは矮性剤が切れ、本来の大きさに戻るので、
コンパクトに育てるのが難しくなるのです。

 

そのため、鉢でも育てられないことはありませんが、
地植えにした方が枝を自由に伸ばせるので向いています。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事