アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

コンペイトウの育て方

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


konpeto-ajisai

コンペイトウ アジサイ、人気です

 

 

コンペイトウ アジサイは、静岡県掛川市の加茂花菖蒲園で、
品種改良されたアジサイです。

 

八重咲きのガクアジサイで、白い縁取りが可愛らしい花です。

 

 

[コンペイトウの育て方]

 

 

■鉢植えでの栽培

 

・用土
コンペイトウは、土壌の酸性度によって、
花の色を変えることができます。

 

アルカリ性の土壌では、きれいなピンク色を咲かせることができ、
酸性の土壌では、青色の花を咲かせることができます。

 

特に鉢植えでは好みの花色に仕立てやすくなります。

 

ピンク色の花色に育てたいのであれば、
赤玉土:腐葉土:パーミキュライトを4:4:2で配合します。

 

青色の花を咲かせたいのであれば、
赤玉土:ピートモス:パーミキュライトを4:4:2の割合で配合します。

 

・鉢の置き場所
鉢は、日当たりのよい日陰に置きます。
室内であれば、午前中にしっかりと日が当たる場所がよいでしょう。

 

日が当たらないと、花の発色が悪くなり、花付きも悪くなります。
屋外で育てるのであれば、春から初夏と秋は日当たりのよい場所、
夏は直射日光を避ける場所に置き、冬は風が当たらない場所に置きます。

 

・肥料
ピンク色の花を咲かせたいときは、
骨粉や魚粉の混ざった油かすを施します。

 

青色の花を咲かせたいときは、
骨粉などが混ざらない固形の発酵油かすを施します。

 

肥料は、12月~2月上旬に寒肥を6号鉢で20g、数回に分けて施します。
花が咲き終わったら剪定を行った後に追肥を寒肥よりも控えめに施します。

・水やり
鉢の土をよく観察し、
乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷりの水を与えます。
受け皿には水をためないようにします。

 

・剪定
花が咲き終わったら剪定を行います。
花の2節下を剪定ばさみで切り取ります。

 

花後の剪定は、遅くても7月下旬までに行います。
剪定が遅くなると、次の年に花を咲かせることができなくなります。
>>アジサイの剪定方法

 

 

hanabi

こちらも、ガクアジサイで人気の花火

 

 

■庭植えでの栽培

 

・用土
コンペイトウは丈夫で、庭植えにも適しています。
コンペイトウは土壌の酸性度によって花色を変えることができます。

 

庭植えでは雨やもともとの土壌成分の影響で、
思い通りの花色に咲かないこともあります。

 

日本の土壌は酸性に傾きやすいので、青色の花になりやすいでしょう。

ピンク系統の花にしたいときは、土壌に腐葉土を混ぜます。
青色の花にしたいときは、ピートモスを混ぜておきます。

 

・植え場所
コンペイトウはヤマアジサイよりも大きく育ちます。
栽培スペースは大きめに取りましょう。

 

日中の何時間化は日が当たるような場所で、
風が直接当たらないところがよいでしょう。

 

・肥料
ピンク系統の花を咲かせたいのであれば、
骨粉や魚粉の混ざった油かすを与えます。

 

青系統の花を咲かせたいときは、発酵油かすを施します。

12月~2月上旬までに寒肥として100g程度を株もとに施します。
花後の追肥は必要ありません。

 

・水やり
植え付け後、根付くまではしっかりと水を与えます。
根付いてからは、特に水やりは必要ありません。

 

真夏の時期にあまりにも乾燥し、
葉がしおれてしまうようであれば水を与えます。

 

・剪定
花が終わったら剪定を行います。
花の2節下を切り取ります。
剪定は、7月下旬までに行います。

 

■参考

・アジサイ 小さく保つには?

・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ : 

アジサイの育て方

アジサイの花色

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ajisai (2)
アジサイの本来の青や赤をきれいに出したいですね

 

 

アジサイの花色は土壌の酸性度で変化します。

 

もともとの花色の発色をよくするために、
土壌の酸性度に合った肥料を与えると、花色が美しくなります。

 

庭植えでは、雨やもともとの土壌成分の影響を受けるため、
思い通りにコントロールすることは難しいのですが、
鉢植えでは発色をコントロールすることができます。

 

 

■アジサイの花色

 

 

seyoajisai-sizuku

 

 

1.青い花を咲かせるには?
アジサイの花を青くさせるためには土壌を酸性にします。
アジサイの花の色素はアントシアニン系です。

 

アントシアニンはもともとは赤みを帯びた色素です。
酸性の土壌では、土の中のアルミニウムの成分が、
水分に溶けやすくなっています。

 

水分に交じったアルミニウムをアジサイが根から吸収すると、
細胞の中のアントシアニンとアルミニウムが結合します。

すると、アントシアニンは青色で発色するのです。

 

土壌のアルミニウムの量が少なくなると、
花色は徐々に青から紫色へと変化していきます。

 

青色系のアジサイの発色をよくするためには、土壌を酸性にします。
リン酸の成分が少ない肥料で育てるのがコツになります。

 

用土では、赤玉土:ピートモス:パーミキュライトを、
4:4:2の割合で混ぜます。 

 

ピートモスが青色の色素をきれいにしてくれる成分です。
肥料は、骨粉などを含まない完熟油かすが適しています。

 

 

ajisai011

 

 

2.ピンク色の花を咲かせるには?
赤色系の花を咲かせるためには、土壌をアルカリ性に整えます。
アルカリ性の土壌はアルミニウムを含みません。

 

そのため、アルミニウムの成分の影響を受けない、
アントシアニンは本来の赤色を発色します。

 

アルカリ性の土壌を作るには、リン酸成分の多い肥料を与えます。
用土は、赤玉土:腐葉土:パーミキュライトを、
4:4:2の割合で配合します。 

 

腐葉土が赤色の発色を良くしてくれます。
肥料は、骨粉や魚粉を含む油かすを施します。

 

 

yamaajisai006

 

 

3.赤い花を咲かせるには?
紅(クレナイ)などの、真紅のアジサイは、
土壌の酸性度に影響をされません。

 

発色を決めるのは、日照量です。
美しい赤色のアジサイ「紅(クレナイ)」は、
日当たりの悪いところで育つと真っ白の花を咲かせます。

 

*アジサイの青・赤の発色を良くする肥料も販売されています。
>>アジサイの発色を良くする肥料

 

タグ : 

アジサイ栽培 Q&A

人気の記事