アジサイ 育て方

アジサイの育て方.net

パリジェンヌ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


hydrangea-parisienne

パリジェンヌ C)千草園芸

 

 

西洋アジサイに、パリジェンヌという品種があります。
パリジェンヌは、オランダで育種された、
シティーラインパリという西洋アジサイの変異種です。

 

なんとなく似たところのある2種ですが、
比べてみると、パリジェンヌには独特の魅力がたっぷり詰まっています。

 

では、パリジェンヌという品種などのようなアジサイなのでしょうか。

 

 

[パリジェンヌ]

 

 

■パリジェンヌの特徴

 

花房は、西洋アジサイらしいテマリ咲きタイプです。
装飾花が手まりのように集まって咲きますが、
装飾花は一重なのでごちゃごちゃせずにすっきりとしています。

 

シティーラインパリに比べると、装飾花の集まり方がふんわりとしているため、
装飾花と装飾花の間に隙間ができることがあります。

 

この隙間が、空気を含んだふんわりとした雰囲気を出しています。
パリジェンヌも花房はよく集まっていますが、
シティーラインパリは少し派手かなと感じる方には、パリジェンヌがお勧めです。

 

花房自体はふんわりしていても、
色ははっきりとしているのがパリジェンヌの魅力でもあります。

 

基本の花色は鮮やかなチェリーレッドです。
西洋アジサイによくある、派手で濃い色合いは、
ともすると他の植物と合わせにくいことがあります。

 

けれどパリジェンヌの花色は明るく健康的で、
最盛期のツツジのような色合いと雰囲気があるため馴染みやすいです。

 

育てている環境によっては、赤が強くなったりピンクが強くなったりします。
赤い色が濃くでた時の色は、
アジサイの中でも最も上品な赤色と評されるほどの色をしています。

 

赤色が出やすい品種ですが、
土の酸度によってやや色が左右されるため、酸性に傾くと赤紫色になります。

 

赤紫といっても、パリジェンヌの本来の色である明るく元気なイメージの赤紫ではなく、
少し濁ったような色になるため、赤~ピンクの明るい色を出したい場合は、
できる限りアルカリ性に保つようにする必要があります。 

 

パリジェンヌは矮性種のため、あまり背丈が高くなりません。
株も大きさも、一般的な西洋アジサイに比べるととても小さいです。

 

とはいえ、枝はしっかりとしているため、折れたり倒れたりすることはあまりありません。
葉も他の西洋アジサイよりは少し小ぶりですが、
株全体がコンパクトなので、特別小さく感じることはありません。

 

葉色はやや濃いですが、はっきりとした花色との対比が美しい品種です。

 

 

■パリジェンヌの育て方のポイント

 

水やり、追肥、植え替え、剪定などは一般的なアジサイと同じで大丈夫です。
西洋アジサイは少し寒さに弱いため、冬の管理には注意が必要です。

 

戸外で枯死することは少ないですが、冷たい風が当たったり、霜がおりたりすると、
新芽が傷んで花が咲かなくなることがあります。

 

そのため、落葉する頃になったら、霜のおりない軒下などに置くのがお勧めです。
中間地くらいまでであれば、日当たりの良い軒下でも冬越しが可能ですが、
寒冷地ではそれでも寒すぎることがあります。

 

ある程度は寒さに当てる必要があるため、戸外の軒下で管理しますが、
極寒期には玄関など暖房のついていない場所に置いておくと安心です。 

 

パリジェンヌは赤花品種のため、土の酸度がどうであれ、赤色が出やすい品種です。
けれど酸性に傾くと、どうしても青も入るため、
花色がピンクや赤ではなく赤紫になってしまいます。

 

パリジェンヌ自慢の明るいピンク~赤系の花色を出したい場合は、
土の酸度に注意するようにします。
春に新芽を出す頃、苦土石灰を与えるとアルカリ性に保ちやすくなります。

 

パリジェンヌは矮性品種のため、地植えはもちろん、鉢植えでも容易に育てられます。
小さな花壇に植えこんで、他の草花と合わせて育てるのも素敵です。

 

花色を安定させ、季節によって置き場所を変えるのであれば、
鉢植えで育てる方がお勧めです。
株自体が小さいので、寄せ植えにして楽しむこともできます。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :

アジサイの種類

アマチャ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


amatya-ajisai1

アマチャ C)千草園芸

 

 

アマチャ(甘茶)は、ヤマアジサイの変種とされている品種です。
アマチャといっても、特定の品種を指す場合もありますし、
多年草のアマチャヅルをアマチャということもあるそうです。

 

そのため、アマチャの中にも色々と種類があります。
一般的なアジサイは、葉には毒が含まれているため、
お茶にしたり食用にすることはできません。

 

ところが、アマチャの葉を乾燥させて煮出してお茶にすると、
不思議と強い甘みがあります。

 

濃度を高くしたお茶を飲むと中毒症状が出ることもあるようですが、
濃くならないよう薄く煮出したものの中からは、
有毒な成分が見つかってはいないようです。

 

このアマチャから煮出したお茶は、
抗アレルギー成分や歯周病を予防の成分が含まれ、健康茶としての人気です。

 

正しい製法で作ったアマチャの茶葉には、
砂糖の1000倍近い甘みが含まれているそうです。

 

このことから、アマチャを甘味料として使うこともあるようです。
では、このアマチャとは、どのような植物なのでしょうか。

 

 

[アマチャ]

 

 

■アマチャの特徴

 

アマチャの花は、中心に両性花が固まって咲き、
その周りにいくつかの装飾花がつくガク咲きのタイプです。

 

装飾花は一重で、花びらは4枚でそれほど大きいということはありません。
けれど中心の小さな両性花の集まりと比べると、
装飾花はたった花びらが4枚であっても、大きく見え存在感があります。

 

同じアマチャでも、品種よって装飾花の形やつき方は、少しずつ異なります。
装飾花の花びらの大きさが均一なものや、1枚だけ大きくなる、
あるいは1枚だけ小さくなる傾向があるものなど様々です。

 

中には装飾花が八重でテマリ咲きになるものもあるそうですが、
基本的にはガク咲きになります。

 

花色も品種によって異なります。
アマチャの苗としてよく見かける苗であれば、中心の両性花はブルー、
周りの装飾花はごく薄いブルーという色が多いように思います。

 

土の酸度によって色が変化し、装飾花の色が薄い赤紫になることもあります。
装飾花が薄い赤紫になっても、両性花がブルーのままというものもあります。

 

両性花も装飾花も真っ白な品種や、
両性花がブルーで装飾花が白というツートンタイプもあります。

 

枝はヤマアジサイのように繊細で細いですが、意外と折れたりはしません。
花数が増えると倒れやすくはなりますが、支柱で支えるだけで問題ありません。

 

アマチャは葉の色が薄く、形も細めです。
ガクアジサイのような光沢がないのもアマチャの特徴です。

 

山に自生している種で、アマチャの葉を摘むとき、
光沢のあるなしが見分ける方法とされていますが、
素人目には判別しにくいので、中毒を起こさないように注意します。

 

 

■アマチャの育て方のポイント

 

基本的な育て方は、ヤマアジサイと同じで問題ありません。
山で自生しているため、半日陰を好む傾向があります。

 

土を乾燥させなければ、日向で育てることも可能とは思いますが、
午前中だけ日の当たる半日陰の方が、管理は楽になります。

 

線が細く、地植えで大株に育てても、ごちゃごちゃとした印象を与えず、
背丈も70cmほどか、大きくなっても1メートルほどで、圧迫感はありません。

 

また、根の生育スピードがゆっくりで、鉢植えで育てることもできます。
品種違いのアマチャを、鉢植えでたくさん育ててみるのも楽しそうです。

 

花色が白に固定されているものでない場合、土の酸度によって変わります。
薄いブルー~薄い赤紫色になるのが基本です。

 

土の酸性を強くすればブルーに、アルカリ性を強くすれば赤紫に変わります。
開花株で購入した時には赤紫だったものが、
地植えにして何年かすると青く変わることがあります。

 

これは販売時にはアルカリ性だった土が、
地植えで育てているうちに酸性に傾いたためです。

 

花色を購入時と変えたくない場合は、土の酸度調整をするようにします。
日本は雨が多く、基本的には酸性に傾きがちになるので、
どちらかというと赤紫色を保つための調整が必要となります。

 

■参考
・アジサイ 庭植えの育て方
・アジサイ 鉢植えの育て方
・アジサイ栽培 12ヶ月
・アジサイ 挿し木の仕方

 

タグ :

アジサイの種類

人気の記事